英語の熟語

【英語】1分でわかる!「regardless of …」の意味・使い方・例文は?ドラゴン桜と学ぶ英語主要熟語

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では英語の熟語「regardless of …」について解説する。

端的に言えばこの熟語の意味は「〜に関係なく」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

TOEIC 910点で、現役の英語塾講師であるライターコウ ガブリエルを呼んだ。一緒に「regardless of …」の意味や例文を見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

gabriel3212006

ライター/コウ ガブリエル

現役の英語塾講師。香港で小学校から高校生までに受験英語を指導。また、過去東京で留学する際に、日本人の社会人にTOEICやビジネス英語などを指導したことがある。

熟語「regardless of …」の意味は?

image by iStockphoto

「regardless of …」は「〜に関係なく」、「〜にもかかわらず」という意味です。この熟語はやや硬い感じがしますが、日常会話でもビジネス場合でも幅広く使えるので、是非この機会に覚えておきましょう。

意味「〜に関係なく」、「〜にもかかわらず」

「regardless」は形容詞として、「不注意」という意味です。しかし、「of」がつくことにより、接続詞となり、「〜に関係なく」、「〜にもかかわらず」という意味になります。この熟語はやや硬い感じがしますが、日常会話でもよく使いますよ。

では、例文を見てみましょう。

I will go climbing Mount Fuji regardless of the weather.
天気に関係なく、富士山を登りに行きます。

I would travel around the world regardless of expense.
費用を惜しまず、世界を旅行します。

Regardless of her working experience, I would like to employ her.
彼女の実務経験に関係なく、私は彼女を採用したいです。

熟語「regardless of …」の言い換えや、似た表現は?

「regardless of …」の言い換えとして、「in spite of/ despite」と「Although」があります。では、それぞれの使い方と例文を一緒に確認してみましょう。

言い換え例:「in spite of/ despite」を使った言い換え

「in spite of/ despite」は対立する状況を表し、「regardless of…」と同じく日本語で「〜にもかかわらず」という訳になります。ただし、「in spite of/ despite」を使う時、次の例のように、特定の状況を示さなければなりません。

次のページを読む
1 2
Share:
gabriel3212006