英語の熟語

【英語】1分でわかる!「do badly/well」の意味・使い方・例文は?専門家と学ぶ英語主要熟語

熟語「do badly/well」の言い換えや、似た表現は?

「do badly/well」には様々なシチュエーションで使われるのと同時に、同じ様な意味で使える熟語があります。「be a failure」で「失敗する」や「be successful」で「成功する」など、使い方はほとんど同じなので簡単に覚える事が出来ますよ。この2つの熟語は若者の中でより多く使われるので覚えておくと便利です。

言い換え例:「be a failure」を使った言い換え

「be a failure」は「失敗する」で、「do badly」と置き換える事が出来ます。「上手くできない」とは違い、「失敗する」と言うよりは「負け犬」と言う様にネガティブなシチュエーションで使われる事が多いです。使い方は様々なので例文を参考にしてみましょう。 

If I don’t get this job, I’ll be a failure.
もしも私がこの仕事をもらえなかったら負け犬になるよ。

Why do I have to be a failure every time I ask someone out on a date?
どうして毎回私が誰かをデートに誘うと失敗しなきゃいけないの?

We are going to be a failure if we mess up this presentation.
このプレゼンを失敗したら私達負け犬だよ。

言い換え例:「be successful」を使った言い換え

「be successful」は「成功する」と言う意味で「良くできる」と置き換える事が出来ますが、夢や目標、キャリアなどを成功させる時に使う熟語なので「do well」で「良くできる」よりは前向きな熟語です。

No matter what others say, my career will be successfull!
誰が何を言おうと私のキャリアは成功する

Kids need to be successful with their tournament because I don’t want to keep paying for them.
私はずっとお金払い続けるの嫌だから子供達は今回の大会で成功するべきよ。

I can be a successful woman if I work harder than average men.
もし私が一般男性よりもしっかり働いたら私は女性として成功します。

 

\次のページで「熟語「do badly/well」を使いこなそう」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: