三国時代・三国志世界史中国史歴史

三国時代を終わらせた晋の創始者「司馬炎」は名君なのか暗君なのか…歴史オタクが解説

よぉ、桜木建二だ。三國志でお馴染みの3世紀の中国。魏・呉・蜀の三国が相争う戦乱の三国時代を統一して晋王朝の始祖となったのが司馬炎だ。司馬炎は統一の偉業を成し遂げたが、後に自分の国を亡ぼす元凶も作っている。

今回は評価が分かれる司馬炎の事績について、歴史オタクなライターkeiと一緒に見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

kei

ライター/kei

10歳で歴史の面白さに目覚めて以来、高校は文系、大学受験では歴史を選択し、大人になっても暇があれば歴史ネタを調べ歴史ゲームにのめり込む軽度の歴史オタク。洋の東西問わず、中でも中国史と日本史が好き。今回は晋の司馬炎をわかりやすくまとめた。

魏の司馬炎

Jin Wu Di.jpg
Yan Li-pen – https://www.mfa.org/collections/object/the-thirteen-emperors-29071, パブリック・ドメイン, リンクによる

司馬炎は、古代中国三国時代(西暦220年~226年)の国に生まれ、後に(西暦265年~420年)の初代皇帝(武帝・在位265年~290年)となった人物です。その生涯はどのようなものだったのでしょうか。

魏の有力者・司馬昭の長男として生まれる

司馬炎は西暦236年、魏の有力者・司馬昭の長男として生まれました。司馬昭の父は、物語三国志において蜀の諸葛亮と知恵比べをすることになる魏の軍師であり重臣・司馬懿。司馬昭はその次男で、司馬懿にとっては孫に当たります。
司馬昭の妻であり司馬炎の母である王元姫は、こちらも魏の有力者・王朗の孫娘で、貴族の血統として申し分無い家柄。

魏が定めた官吏登用制度である九品中正法による推薦書には、「寛容にして仁義厚く、沈着深謀にして度量あり」として、他に比べるものは居ないほどの逸材であると評された、と史書には記されています。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

魏の有力者である司馬昭の息子なので忖度したのだろうが、現代であればどこの大学向けでも上位推薦されそうなくらいべた褒めな内容だ。しかし文字通り捉えると、司馬炎の人となりは名家の善良な貴公子、といったところだろうか。

司馬一族の権力掌握 政敵を追い落とす

司馬懿をはじめとする司馬一族は、西暦249年の正始の変において、政敵となる皇族・曹爽一派を倒し、魏の朝廷における実権を握ります。このクーデターを主導した司馬懿とその長男・司馬師は、その後魏の南方で相次いで起こる反乱を鎮圧。司馬一族の魏における権力を確固たるものとしていきますが、相次いで病死。その権力基盤は司馬昭に引き継がれます。

司馬一族の権力掌握 皇帝を殺す

政権を引き継いだ司馬昭は、父や兄の代から起こっていた南方の反乱を抑えて一族の権勢を維持していましたが、それを苦々しく若くて胆の据わった皇帝・曹髦(そうぼう)が、宮廷のわずかな近臣とともに反司馬氏で挙兵。腹心の独断により皇帝を殺して鎮圧せざるを得ませんでした。

腹心に指示されて皇帝に止めを刺した兵、及び、皇帝の挙兵を事前に司馬氏に具申しなかった近臣を処刑。皇太后に圧力を加えて、皇帝が乱心して皇太后を殺そうとしたという嘘の詔勅をでっち上げ。曹髦を皇帝から侯(高貴郷公)に格下げし、遠縁から曹奐(そうかん)を新たな皇帝に迎えて事態を収拾します。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

曹髦の決起は協力者少なく半ば無謀なものであった。決起を近臣に打ち明ける際、「司馬昭の心は、道行く人誰でも知っている。私はこのまま廃位の恥辱を受けることは出来ない。」と言ったという。近臣のうちの多くは司馬昭の権力を恐れて密告しており、既にこの時点で司馬氏の権威は皇帝を凌いでいたことを物語る。

なお、曹髦の決起にあたっての決意表明は現代ではことわざとなっており、権力を狙う野心家のことを暗喩するために使われ、近年では中国の温家宝首相がチベット問題の件でダライ・ラマに向けての非難に使った。何とも便利な言葉であり、使える機会も多いのではないだろうか。

次のページを読む
1 2 3
Share:
kei