英語の熟語

【英語】1分でわかる!「be related to …」の意味・使い方・例文は?専門家と学ぶ英語主要熟語

この記事では英語の熟語「be related to …」について解説する。

端的に言えばこの熟語の意味は「…と関係がある」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

TOEIC900点で、現役の翻訳者であるライターミッシェルを呼んです。一緒に「be related to …」の意味や例文を見ていきます。

ライター/ミッシェル

中・高生の受験指導を経て、現在はアメリカで翻訳者として活動中。熟語の実践的な使い方を紹介する。

熟語「be related to …」の意味は?

image by iStockphoto

熟語「be related to …」には大きく分けて2つの意味があります。1つ目は「…と関係がある、…に関与している」。ある事柄に関係があるまたは関与している意味で使われます。また2つ目は「〜と血縁関係にある、親戚である」。親戚や家族である、血のつながりがあるといった意味で使われます。

意味その1 「…と関係がある」

「事件に関与している」、「喫煙は肺がんと関係がある」というように使います。closely(密接に)、directly(直接的に)、strongly(強く)などの副詞をつけて強調することができますよ。その場合は、「be strongly related to」というように「be」と「related」の間に副詞を入れましょう。

The Kidney disease could be related to the medicine.
腎疾患はその薬と関係があるかもしれません。

Sarah is not related to the accident .
サラはその事故に関与していません。

Air pollution is related to lung cancer.
大気汚染は肺がんと関連があります。

Drugs are closely related to crimes.
違法薬物は犯罪と密接な関係があります。

意味その2 「〜と血縁関係にある、〜と親戚である」

「〜と血縁関係にある、〜と親戚である」という意味もあります。例えば「Are you related to him?」は「君は彼と親戚(家族)?」という意味です。偶然苗字が有名人と同じだったりするとこんな風に聞かれることもありますよ。

Sometimes I get asked if I’m related to John.
たまに、ジョンと親戚なのって聞かれるわ。

Sarah and John are not related. They just happen to have same last name.
サラとジョンは親戚じゃないよ。ただ苗字が同じだけだよ。

\次のページで「熟語「be related to …」の言い換えや、似た表現は?」を解説!/

次のページを読む
1 2
Share: