英語の熟語

【英語】1分でわかる!「be different from …」の意味・使い方・例文は?専門家と学ぶ英語主要熟語

言い換え例:「be different than …」「be different to …」を使った言い換え

「be different than …」はアメリカ、「be different to …」はイギリスでよく使われている会話表現で、少しニュアンスの違いはありますが、「be different from …」とほぼ同じ意味です。

「be different from …」を基本の形として覚えておくと、アメリカでもイギリスでも問題なく通じます。しかし色々なパターンに対応できるよう、「be different than …」や「be different to …」も頭に入れておくようにしましょう。

American English is different than British English.
アメリカ英語はイギリス英語とは違う。

My dog is different to other dogs.
私の犬は他の犬とは違う。

This book was different than I expected.
この本は私が思っていたのと違っていた。

言い換え例:「differ from …」を使った言い換え

「different」は形容詞であるのに対し「differ」は動詞です。「different」は形容詞なので前にbe動詞が必要ですが、「different」は動詞なのでそのまま「違う」という意味になります。つまり

A is different from B

A dffers from B

は、ほぼ同じような意味

「different」は「than」や「to」を伴うことがありますが、「differ」は基本的に「from」以外の前置詞を伴うことはほとんどありません。

Customs differ from country to country.
習慣は国によって異なる。

Their opinion doesn’t differ much from mine.
彼らの意見は私の意見とあまり違わない。

Human beings differ from animals in some ways.
人間はいくつかの点で動物とは異なる。

熟語「be different from …」を使いこなそう

この記事では熟語「be different from …」の使用例や、他の表現での言い換えパターンを説明しました。日常的に目にする簡単な熟語ですが、「from」以外の前置詞を伴う場合もあります。どの前置詞でも間違いではありませんが、試験などでは最も一般的な「from」を使うようにしましょう

英語の勉強には洋楽の和訳サイトもおすすめです。
1 2
Share: