英語の熟語

【英語】1分でわかる!「be different from …」の意味・使い方・例文は?専門家と学ぶ英語主要熟語

この記事では英語の熟語「be different from …」について解説する。

端的に言えばこの熟語の意味は「…とは異なる」ですが、日常会話だけでなく試験問題にもよく使われているぞ。

個別指導塾で受験生の指導経験が豊富なライターさとみあゆを呼んです。一緒に「be different from …」の意味や例文を見ていきます。

ライター/さとみあゆ

個別指導塾で多くの受験生を指導してきた経験を持つ。そのノウハウを駆使し、受験生だけでなく社会人にも「使える英語」を伝授する。

熟語「be different from …」の意味は?

image by iStockphoto

中学校で習う「be different from …」は、多くの人にとって馴染みのある熟語の一つではないでしょうか。「…とは異なる」「…とは違う」という意味で、ネイティブも日常的に使う表現です。

意味その1 「…とは異なる」

「be different from …」は「…とは異なる」「…とは違う」という意味の一般的な表現です。「different」は形容詞で「違う」「異なる」という意味があるので、be動詞と前置詞「from」を伴うことで「…とは異なる」という意味になります。

強調する場合は、「completely」や「totally」「much」などの副詞をbe動詞の後ろに置くといいでしょう。

Our culture is different from theirs.
私たちの文化は彼らの文化とは異なる。

Mary is completely different from what she used to be.
メアリーは以前の彼女とは全く違う。

How is Kyoto different from any other cities?
京都は他の都市とどのように違いますか?

熟語「be different from …」の言い換えや、似た表現は?

「…とは異なる」という意味の表現はいくつかあります。例えば「be different from …」の「from」を他の前置詞にしたものや、「different」の動詞形である「differ」を使ったものなどです。

どれもほぼ同じ意味で使われているので、まとめて覚えておきましょう。

\次のページで「言い換え例:「be different than …」「be different to …」を使った言い換え」を解説!/

次のページを読む
1 2
Share: