英語の勉強法

英語速攻攻略を目指す!「形容詞の語法」を現役英語講師がわかりやすく解説

この記事では英文法の重要単元である「形容詞の語法」について解説する。

形容詞は副詞と同様に修飾語のひとつですが、補語としての用法が理解できれば、あっという間にマスターできるぞ。

国立大文学部卒業で、現役の英語講師でもあるライターすけろくを呼んです。一緒に「形容詞」の攻略ポイントを確認していきます。

ライター/すけろく

現役英語講師として数多くの生徒を指導している。その豊富な経験を生かし、難解な問題を分かりやすく解説していく。

「形容詞」の意味・用法とは?

image by iStockphoto

「形容詞」は、人や物の様子や状態を表す言葉です。たとえば、日本語では「美しい」「面白い」など、「い」で終わることばがこれに当たります。

似たような言葉に「形容動詞」がありますが、こちらは「静かだ」「具体的だ」など「だ(です)」で終わるのが特徴です。

ところが、英語にはこの「形容詞」と「形容動詞」の区別がありません。どちらも、ひとつの「形容詞」のカテゴリーで取り扱います。

つまり、「美しい」の「beautiful」も「静かだ」の「quiet」も、英語では同じ「形容詞」というわけですね。

そして、これらの形容詞は文中で2つのはたらきを持ちます。

1つめは名詞を修飾するはたらきで、もう1つが補語になるはたらきです。

「形容詞」の限定用法

先に述べたように、形容詞は名詞を修飾するはたらきを持ちます。

これが、形容詞の限定用法と呼ばれるものです。

どうして修飾することが「限定」につながるのか、早速例文をみてみましょう。

I need a box.
私には箱が必要だ。

I need a wooden box.
私には木製の箱が必要だ。

単に「箱が必要だ」というだけでは、どんな箱なのか漠然とし過ぎていてよく分かりません。

ところが、「木製の」という形容詞が付くことで、箱の条件が「限定」されていることが分かりますね。

同時に、形容詞が名詞の前に置かれていることも確認できるはずです。

中には、形容詞が名詞の後ろに置かれる場合もありますので確認しておきましょう。

I’d like something cold to drink.
何か冷たいものがほしいな。

Look at that basket full of flowers.
あの花でいっぱいのかごを見てごらん。

形容詞が名詞の後ろに置かれるのは、以下の二つの場合があります。

一つめは、「something」や「someone」のような不定代名詞にかかる場合です。

もうひとつは、修飾語が形容詞を含む2語以上にわたる場合に後置されます。

並べ替え問題などでは、注意が必要だといえるでしょう。

「形容詞」の叙述用法

形容詞の持つ、もうひとつの大きな機能が補語になることです。

そして、こちらは「叙述用法」と呼ばれることもあります。

主語や目的語に対して説明している(=叙述している)ことから、その名前が付けられました。

では、こちらも早速例文で確認していきましょう。

The roses smell very sweet.
バラたちは、とても甘い香りがしています。

I found the book difficult.
私は、その本が難しいと分かった。

上の二つの例文のうち一つめは主語について、二つめは目的語について叙述しています。

いいかえれば、上は「SVC」の文であり、下は「SVOC」の文です。

そして、それぞれ「S=C」「O=C」の関係になっていることが確認できたでしょうか。

注意すべき「形容詞」とは?

これまで見てきたように、形容詞には限定用法と叙述用法の二つの用法があります。

そして、一つの形容詞がどちらの用法でも使われるのが一般的です。

しかしながら、中には片方の用法でしか使われないものもあります。

また、どちらの用法で使われたかで意味の変わるものがあるのも注意点です。

では、それらの注意すべき形容詞を見ていきましょう。

次のページを読む
1 2 3
Share: