今日は院政について勉強していきます。

近年、日本では天皇陛下の生前退位が話題になり、2019年に令和の時代が訪れた。最も、天皇陛下の生前退位は平安時代・鎌倉時代においては何も珍しくない。

皇位を譲って天皇を退くと上皇となって政務を行う、これが院政のシステムですが、簡単な説明だと少々分かりづらいでしょう。そこで、今回は院政について日本史に詳しいライターリュカと一緒に解説していきます。

ライター/リュカ

元塾講師で、現役のライター。塾講師とライター業に共通して「わかりやすい伝え方」に定評がある。今回は得意分野のひとつである「歴史」から院政をわかりやすくまとめた。

摂関政治の全盛期

image by PIXTA / 45958749

藤原北家の摂関政治

院政とは、皇位を譲った上皇や法皇が天皇に代わって政務を行う政治体制であり、上皇を「院」とも呼ぶことから院による政治……すなわち院政の名がつきました。さて、この院政を深く理解するため歴史は平安時代の中期、藤原北家が権力を握っていた時代まで遡ります。

藤原北家は全盛期において天皇を超える地位を手にしており、その理由は摂関政治にありました。まず藤原家出身の娘を天皇に嫁がせ、その間に誕生した息子を天皇にします。そうすることで天皇家の外祖父としての地位を確立させ、幼く未熟な天皇に代わって政治を行うのが摂関政治のシステムです。

しかし、長く順調だった摂関政治に陰りが見えたのは、藤原頼通(ふじわらのよりみち)の頃に娘が誕生しなかったのがきっかけでした。藤原北家にとって、摂関政治は娘を天皇に嫁がせてこそ成り立つものであり、嫁がせる予定の娘が誕生しなかったことで、1068年に藤原家の血が薄い後三条天皇が即位したのです。

後三条天皇の藤原家への厳しい措置

後三条天皇の即位によって藤原家の摂関政治の力が衰え、一方で天皇の力が再び強くなっていきます。後三条天皇は重役に藤原氏を選ばず、代わりに村上源氏を選ぶ動きをとったため、藤原家は政治の世界から徐々に遠ざかってしまい、その権力は低下していきました。

さらに追い打ちをかけるかのごとく、後三条天皇は延久の荘園整理令を出します。これは違法な荘園の整理を行うもので、当時日本の各地には摂関家領や大寺社領と呼ばれる違法な荘園が多く存在しており、それが藤原氏の収入源となっていた一方で国の財政を苦しめていました。

そこで後三条天皇は記録荘園券契所を設置して違法な荘園の整理を開始、それに該当していた藤原家の荘園を次々と没収していき、藤原家の権力をより低下させたのです。こうして天皇の権力を取り戻すための基盤を作ると、自らは退位して新たに白河天皇へと譲位しました。

院政の始まり

image by PIXTA / 48890925

\次のページで「白河上皇の院政」を解説!/

白河上皇の院政

藤原家の権力を低下させた上で白河天皇へと譲位した後三条天皇、その真意は定かではないですが、もしかすると後三条天皇は院政を考えていたのかもしれませんね。最も、後三条天皇は譲位した直後に死去してしまったため、院政を行うことはありませんでした。

さて、譲位を受けた白河天皇は当時まだ18歳の若さであり、それでも摂関政治のスタイルではなく自ら政治を行っていきます。ところが1086年、そんな白河天皇もわずか14年で息子の堀河天皇へと皇位を譲ったのです。白河天皇は18歳で天皇になっていますから、14年後に譲位した時点でまだ32歳であり、決して政治に興味を失ったわけではありません。

ではなぜ白河天皇は堀河天皇へと皇位を譲ったのか?……それは、何も揉めることなく息子に天皇の地位を譲るためでした。とは言え息子はまだ8歳、その年齢で政治などできるはずなく、そこで上皇となった白河上皇は白河院と自称して政務を継続……これが院政の始まりと言われています。

白河上皇と藤原師通の対立

堀河天皇へと皇位を譲った後も政務を行う白河上皇ですが、ただ当初は藤原家と協力して政務を行っており、なぜなら白河上皇自体は藤原家との関係も深かったからです。このため、死去した後三条天皇ほど藤原家を毛嫌いしておらず、堀河天皇の母の養子である藤原師実(ふじわらのもろざね)を摂政として摂関政治を進めていました。

白河院を自称する一方で藤原師実を摂政にして政務を行っていることから、院政の始まりとは言ってもこの頃はまだ院政と摂関政治が混ざったようなスタイルだったのでしょう。この状況に変化が起こったのは、藤原師実が摂政の位を息子の藤原師通(ふじわらのもろみち)に譲ったことがきっかけでした。

藤原師通は堀河天皇をバックアップして職務をこなしますが、堀河天皇もまた成長して天皇として独り立ちできる時期にさしかかっており、それでも堀河天皇につく藤原師通を白河上皇は疎ましく思うようになってきたのです。もちろん、藤原師通もそんな白河上皇の態度に気づき両者の関係は悪化、対立して戦乱が起こりかねない状況になりました。

上皇から法皇へ、そして治天の君へ

image by PIXTA / 24002965

求められる政治力、白河法皇の本格的な院政の開始

白河上皇と藤原師通の深刻な対立は、戦いに発展することなく意外な形でおさまります。対立する最中に藤原師通が急死してしまい、そのため藤原師通の息子である藤原忠実(ふじわらのただざね)が関白に就任したのです。ただ、藤原忠実は藤原家の名前こそ持っているものの、政治を行う能力は決して高くありませんでした

その当時、平安京では延暦寺と園城寺による強訴(強引な態度で相手に訴えかける行動)が相次ぐ問題が起こっており、政治能力の低い藤原忠実ではとても対応しきれませんでした。そうなると求められるのは高い政治能力を持つ人物で、白河上皇が政治を行うべきという声が次々と挙がります。

面目丸つぶれとなった藤原忠実はこのまま政治を行っていては自らの地位まで失うことになると危惧、身を引いて隠居することにしました。一方、白河上皇はこの時仏門に入っており、上皇から法皇へとなります。こうして白河法皇は政治の実権を握るようになり、ここから本格的な院政が開始されたのです。

治天の君

一難去ってまた一難、本格的な院政が開始されたものの、また新たな問題が勃発しました。それは、現天皇である堀河天皇が政治への興味を失っていたことで、そのため政務を完全に丸投げして白河法皇任せにしてしまったのです。そうなると、政治は白河法皇が進めていかなくてはなりません。

こうして政務を行う白河法皇は、天皇の父でありながら政治権力を持つ人を意味する「治天の君」と呼ばれるようになりました。治天の君がまず行ったのは、律令制で定められている官僚とは全く別の側近を置くようになり、この側近を院近臣(いんのうきんしん)と呼びます。

ただ、院近臣を置いたことは、後に白河法皇を政治家ではなく支配者へと変えるきっかけとなりました。と言うのも、官僚である院近臣に就きたい者達が次々と白河法皇に接触、賄賂を送るなどしたことで白河法皇の懐は潤い、白河法皇はそれに味を占めてしまったのです

\次のページで「白河法皇の支配と院政の陰り」を解説!/

白河法皇の支配と院政の陰り

image by PIXTA / 47863933

寄進地系荘園でさらに財と権力を高めた白河法皇

賄賂によって懐が潤い、また賄賂によって自分自身の好きなように人材を登用する……まさに政治は白河法皇の思うがままになっていました。そんな白河法皇が次に目をつけたのが貴族や寺社の収入源となっていた荘園で、寄進地系荘園で白河法皇はさらに権力を高めます。

そもそも荘園は院政における経済の基盤を担っていました。奈良時代の743年、聖武天皇が「墾田永年私財法」を制定して、新しく開墾した土地の私有を認めたことから全国に私有地が拡大していきます。ただ、私有地が大規模なものとなったため、私有地管理を目的にした事務所や倉庫が必要となりました。

これを「荘」と呼び、そして「荘」が管理する区域を「荘園」と呼ぶのです。1000年代の後半には全ての土地が私有地となり、また私有地が課税対象になりました。しかし、これに反対したのが私有地の持ち主、有力な貴族や寺社と接触して所有地を寄進することで税を軽減させたのが寄進地系荘園です。

内乱による院政の陰り

寄進地系荘園で権力のみならず財力も高めた白河法皇、今度は院庁下文と呼ばれる命令書を出す政治を行います。院庁下文に記された命令は天皇の命令以上に格上で絶対的であり、仮に天皇の命令と異なるものであったとしてもこれらが優先されたのです。

この事実から見ても天皇の権威が低下したことは明らかであり、また摂関政治で一時代を築いた藤原家も当時の権力は持っておらず、白河法皇は日本を統べる支配者とも呼べる存在になりました。こうして院政によって絶対的な権力を手にした白河法皇でしたが、やがてその時代にも陰りが見えてきます。

白河法皇は、堀河天皇と鳥羽天皇と崇徳天皇の代まで院政を行って死去、その後は上皇になった鳥羽天皇……つまり鳥羽上皇が院政を行っていきました。しかし、1156年に鳥羽状況が死去すると朝廷内で内乱が起こってしまい、保元の乱と呼ばれるこの内乱によって朝廷内は後白河天皇方と崇徳上皇方に分裂したのです。

時代は武家政権へ

image by PIXTA / 58500753

\次のページで「院政の最盛期と衰退」を解説!/

院政の最盛期と衰退

1156年の保元の乱で勝利したのは後白河天皇、彼は1158年に二条天皇に譲位すると上皇となって院政を行おうとします。しかし二条天皇はこれを良しとせず、天皇に自ら政治を行う親政を支持したことで、今度は1160年に平治の乱が起こりました。

1165年、院政に反対していた二条天皇が病気で死去したため、後白河上皇は政治の実権を握って院政を行い、これが院政の最盛期と言われています。保元の乱、平治の乱……これらの戦いで活躍していたのは平清盛であり、この頃から武家が勢力を高めてきたのでした。

結局、後白河上皇はこれまで築いてきた平清盛との関係を悪化させてしまい、1179年に起こった治承三年の政変によって幽閉されてしまいます。その後は高倉天皇が安徳天皇に譲位したことで院政を始めるものの、これもまたすぐに崩壊してしまい、政治の実権は武家が握ることになっていくのです

時代の主役は院政から武士へ

院政が終わったと言っても、それはこれまでのような政治の実権を握る院政の時代が終わったという意味であり、制度自体は江戸時代になっても残っていました。鎌倉時代より遥か先の江戸時代、1817年に光格天皇が仁孝天皇に譲位したのが最後の院政です。

天皇が譲位しなければ院政は成り立たず、そのため「院政=天皇の生前退位」のイメージを持つ人がいますがそれは違います。生前退位は言わば院政成立の最低条件のようなものであり、天皇が退位して上皇となった後に天皇に代わって上皇が政務を行うのが院政です。

ですから、近年話題となった天皇陛下の生前退位では、退位した天皇が上皇になっても政務を行う権限が定められておらず、つまり平成から令和への生前退位は院政ではありません。後白河院政が敗北して源頼朝が鎌倉に幕府を開いた時、時代の主役は武士へと移って院政の時代は終わったのです。

白河上皇、摂関政治との違い、白河法皇の政治政策は最優先で覚えよう!

院政の歴史を辿って全て覚えるのはさすがに難しいですね。そこでポイントを絞って覚えていきましょう。1086年に初めて院政を行った白河上皇、院政とシステムが酷似している摂関政治との違い、治天の君と呼ばれた白河法皇が行った政治政策……このあたりは絶対に覚えるべきですね。

また、平清盛や鎌倉幕府をテーマにした場合、そこには必ず後白河上皇が関わってくるでしょう。コツは、「院政の歴史を辿る中で日本全体の歴史にも注目し、歴史の中で大きな事件や戦いがあった時期は同じ時期の院政の状況にも注目する」、これが院政全体の把握において効率良い覚え方です。

" /> 摂関政治の新たな形?!「院政」を元塾講師が分かりやすく5分でわかりやすく解説 – Study-Z
平安時代日本史歴史鎌倉時代

摂関政治の新たな形?!「院政」を元塾講師が分かりやすく5分でわかりやすく解説

今日は院政について勉強していきます。

近年、日本では天皇陛下の生前退位が話題になり、2019年に令和の時代が訪れた。最も、天皇陛下の生前退位は平安時代・鎌倉時代においては何も珍しくない。

皇位を譲って天皇を退くと上皇となって政務を行う、これが院政のシステムですが、簡単な説明だと少々分かりづらいでしょう。そこで、今回は院政について日本史に詳しいライターリュカと一緒に解説していきます。

ライター/リュカ

元塾講師で、現役のライター。塾講師とライター業に共通して「わかりやすい伝え方」に定評がある。今回は得意分野のひとつである「歴史」から院政をわかりやすくまとめた。

摂関政治の全盛期

image by PIXTA / 45958749

藤原北家の摂関政治

院政とは、皇位を譲った上皇や法皇が天皇に代わって政務を行う政治体制であり、上皇を「院」とも呼ぶことから院による政治……すなわち院政の名がつきました。さて、この院政を深く理解するため歴史は平安時代の中期、藤原北家が権力を握っていた時代まで遡ります。

藤原北家は全盛期において天皇を超える地位を手にしており、その理由は摂関政治にありました。まず藤原家出身の娘を天皇に嫁がせ、その間に誕生した息子を天皇にします。そうすることで天皇家の外祖父としての地位を確立させ、幼く未熟な天皇に代わって政治を行うのが摂関政治のシステムです。

しかし、長く順調だった摂関政治に陰りが見えたのは、藤原頼通(ふじわらのよりみち)の頃に娘が誕生しなかったのがきっかけでした。藤原北家にとって、摂関政治は娘を天皇に嫁がせてこそ成り立つものであり、嫁がせる予定の娘が誕生しなかったことで、1068年に藤原家の血が薄い後三条天皇が即位したのです。

後三条天皇の藤原家への厳しい措置

後三条天皇の即位によって藤原家の摂関政治の力が衰え、一方で天皇の力が再び強くなっていきます。後三条天皇は重役に藤原氏を選ばず、代わりに村上源氏を選ぶ動きをとったため、藤原家は政治の世界から徐々に遠ざかってしまい、その権力は低下していきました。

さらに追い打ちをかけるかのごとく、後三条天皇は延久の荘園整理令を出します。これは違法な荘園の整理を行うもので、当時日本の各地には摂関家領や大寺社領と呼ばれる違法な荘園が多く存在しており、それが藤原氏の収入源となっていた一方で国の財政を苦しめていました。

そこで後三条天皇は記録荘園券契所を設置して違法な荘園の整理を開始、それに該当していた藤原家の荘園を次々と没収していき、藤原家の権力をより低下させたのです。こうして天皇の権力を取り戻すための基盤を作ると、自らは退位して新たに白河天皇へと譲位しました。

院政の始まり

image by PIXTA / 48890925

\次のページで「白河上皇の院政」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: