言葉の意味

「朝飯前」の意味と使い方・例文・類義語・言い換え表現は?現役ライターがサクッと解説!

「朝飯前」の由来

image by iStockphoto

簡単な事を言い表す「朝飯前」という言葉は、どこか男らしさも含んでいる言葉ですね。この言葉の由来は、江戸時代にさかのぼります。当時は食事が1日に2回というのが通例でした。朝食を食べる前は身体に力も入らず、極めて簡単な仕事しかこなせないことから、簡単な事を意味する言葉として発展しました。「朝食前でもこなせる簡単な仕事や用事」について言及する表現ですが、その用事や仕事がいかに簡単にこなせるのかを言い表す言葉となっています。

「朝飯前」の類義語・言い換え表現

image by iStockphoto

歴史のある言葉と言える「朝飯前」ですが、これには類義語や言い換え表現が豊富です。現代で簡単な様を言い表す言葉として和製英語で「イージー」または「余裕」といったような言葉が使われますが、「朝飯前」の類義語や言い換え表現は同じく古い言葉である印象がありますね。「朝飯前」の類義語と言い換え表現についてもご紹介していきます。

「朝飯前」の言い換え表現 「お茶の子・造作ない・お安い御用」

文中や会話で「朝飯前」を言い換えするときの表現として、「お茶の子・造作ない・お安い御用」といった言葉があります。これらは、「朝飯前」とほぼ同じ意味ですが、若い世代の人はあまり触れる機会のない言葉でもあるのではないでしょうか。実際の文章や会話に使うことが少ない言葉とは言え、古い世代の人たちには馴染みの深い言葉でもあります。では、これらの「お茶の子・造作ない・お安い御用」という言葉の使い方を知るために、その例文をチェックしてみましょう。

「お茶の子・造作ない・お安い御用」の意味

「お茶の子」という言葉は、お茶を出す際に付いてくるお菓子のことを指し、簡単に食べられることから「簡単なこと」を表す表現として使われています。

「造作ない」という言葉は、ものを作ることの意味から来ており、「造作ない」つまり「造作がない」という形です。「面倒や手間がない」という意味になります。

「お安い御用」という言葉は、商取引などを表す「御用」という言葉に、簡単という意味のある「安い」が組み合わさった言葉となり、「簡単な取引」という意味として使うことが可能です。

「お茶の子」は「簡単にできること」

「造作もない」は「手間の掛からないこと」

「お安い御用」は「簡単な用事」のことをいい、

ニュアンスは異なりますが、これらの語を「朝飯前」と置き換える形で使って同じような意味のことを述べることができます。

「お茶の子・造作ない・お安い御用」を使った例文

「お茶の子・造作ない・お安い御用」という言葉を使った例文をご紹介します。例文は、一般的な日常生活で使うことができる内容でご紹介していますが、同時に「朝飯前」に置き換えた場合どうなるのかについても記載しますので比較してみてください。「朝飯前」の言い換え表現として使える「お茶の子・造作ない・お安い御用」という言葉をうまく使い分けて、微妙なニュアンスを伝えるのに役立てましょう。

次のページを読む
1 2 3
Share: