言葉の意味

「朝飯前」の意味と使い方・例文・類義語・言い換え表現は?現役ライターがサクッと解説!

「朝飯前」(読み方:「あさめしまえ」)という言葉は、「それくらいのことは朝飯前だ」などの形でよく使われています。

簡単にできる物事についていう時に使う言葉ですが、具体的にはどのような使い方をするのか、また他の言葉で言い換えるにはどのような言い方をすることができるのか、中には疑問を抱くことがあるかもしれません。そんな「朝飯前」という言葉について、大手企業での勤務後ライターとして数々の記事を編集・構成・執筆を手がけている筆者が説明していきます。

また、現代では耳にする機会が少なくなった言葉でもありますが、その由来はどのような成り立ちを辿ったのでしょうか。日常生活の中で「朝飯前」を聞いたり使ったりするにあたっては、適切な理解が必要になるでしょう。「朝飯前」の意味と、使い方を知るための例文をご紹介します。

類義語・言い換え表現が多い「朝飯前」ですが、それら類義語や言い換え表現を使った例文と、「朝飯前」を使った例文を比較する形でそのニュアンスの違いも見ていきましょう。

「朝飯前」の意味・使い方・例文・由来

image by iStockphoto

「朝飯前」という言葉は、古くから使われてきた歴史のある言葉でもあります。一昔前の時代のドラマなどで耳にすることが多かった言葉であり、日常でも盛んに使われていました。現代ではあまり耳にしなくなった言葉ではあるものの、実際の意味と使い方、例文を知っておけば、いざこの言葉が現れた時に正しい解釈ができますね。「朝飯前」について、その意味や例文をご紹介します。

「朝飯前」の意味

一般的には物事や用事について、余裕でこなせる意味として使われてきた「朝飯前」という言葉ですが、日常における朝飯前は、起きたばかりでまだテキパキと動く事ができないような状況ですよね。物事や用事に取り掛かる前に、「朝飯前」という言葉を用いるということは、いかにその用事が簡単なのかを示す言葉と捉えることが出来ます。辞書に記載されている「朝飯前」の定義を見ていきましょう。

朝起きて朝食をとる前。(朝飯をたべる前にできることから)容易なこと。

出典:広辞苑 第6版(発行所 株式会社岩波書店)「朝飯前」

つまり、「起きてから朝食を食べる前の時間」「空腹時でもできるような簡単なこと」を表す語となっています。

「朝飯前」の使い方と例文

「朝飯前」という言葉を使うタイミングで正しい使い方ができるように、その例文について見ていきましょう。「朝飯前」という言葉は名詞として使われる言葉です。そして、実際の時間帯を表す言葉であり、また物事や用事が簡単である様をいい表す言葉でもあります。例文をチェックして、より的確な使い方ができるように確認しておきましょう。

「バイリンガルの彼にとっては英語で電話の取り次ぎをする程度の仕事は朝飯前だ」

「料理上手の彼にはちょっと手の込んだ一品料理をつくるのも朝飯前だ」

「理系で数学が得意な彼ならばきっとこんな問題は朝飯前だ」

「彼は朝飯前にジョギングをするのが日課になっている」

「朝飯前」は、上記のように朝食を食べる前に何かをすることや朝食を食べていない状態でもできるような簡単なことについていう場合に、「~は朝飯前だ」「朝飯前に~する」といった形で使うことができます。

次のページを読む
1 2 3
Share: