言葉の意味

「念を押す」の意味と使い方・例文・類義語・言い換え表現は?現役ライターがサクッと解説!

「念を押す」類義語・言い換え表現 「駄目押し」「注意する」

image by iStockphoto

「念を押す」という使い勝手の良い言葉には、他に類義語や言い換え表現があります。これらは非常に似通った意味を持つ言葉でありますが、ニュアンスが若干違ってきますね。日常でよく見かけたり聞いたり、または使うことも多いであろう「駄目押し」と「注意する」という言葉は、「念を押す」の代表的な言い換え表現になるでしょう。シチュエーションやその状況によって使い分けることができるこれらの言葉についても、その意味や使い方、例文をご紹介していきます。正しい意味を把握して、日常生活に役立てられるようにチェックしてみてくださいね。

「駄目押し」「注意する」の意味

「念を押す」という言葉と同じくらいの頻度で使う機会があるであろう「駄目押し」や「注意する」という言葉ですが、どれも使い慣れている言葉であれば、そのニュアンスの違いについては感覚で分かるような気もしますね。これらの言葉もビジネスシーンやプライベートで使うことができ、なおかつ「念を押す」の言い換え表現として使用できます。「駄目押し」や「注意する」をシチュエーションで適切に使い分けるために、その意味を辞書の引用からチェックしましょう。

確実とわかっていても、念を入れてもう一度確かめること。 

出典:明鏡国語辞典(発行所 株式会社大修館書店)「駄目押し」

 

気持ちを集中させること。気を配ること。

悪い事態にならないように用心すること。気を付けること。

言い聞かせること。忠告。

出典:明鏡国語辞典(発行所 株式会社大修館書店)「注意する」

「駄目押し」「注意する」の使い方・例文

image by iStockphoto

もう一度確かめる、または言い聞かせるという意味では「駄目押し」と似たような要素を持つ「駄目押し」「注意する」という言葉のニュアンスについて、意味を確認することで掴むことが出来たのではないでしょうか。これらの言葉を使い分けるだけでも、伝わるニュアンスが若干違ってくるのも理解できますね。これらの言葉について曖昧に理解していたという人も、さらにそれらの使い方のヒントになる例文をチェックしてみてください。これらの言葉を使った例文と、その例文に「念を押す」を当てはめた例文でわかりやすくご紹介します。

「駄目押し」:「両親との顔合わせの食事会に遅刻することがないように彼に駄目押しをしておいた」
(≒「両親との顔合わせの食事会に遅刻することがないように彼に念を押しておいた」)

「注意する」:「出発日当日は朝9時に駅に集合するよう彼に再三注意しておいた」
(≒「出発日当日は朝9時に駅に集合するよう彼に念を押しておいた」)

「駄目押し」「大丈夫だろうと思っていても、さらに念を入れて相手に確認すること」、

「注意する」「相手に忠告すること」

をいい、「念を押す」とはニュアンスが異なりますが、間違いがないように前もって相手に念を入れて確認することをいう場合に、「念を押す」と同じような形で使うことができます。

次のページを読む
1 2 3
Share: