言葉の意味

「念を押す」の意味と使い方・例文・類義語・言い換え表現は?現役ライターがサクッと解説!

「念を押す」という言葉は、「~するように念を押す」などの形でよく使われています。

契約ごとから約束ごとまで、さまざまなシチュエーションで使用する機会が多い「念を押す」という言葉は、すでによく使っている人も多い言葉です。しかしながら、この適切な意味と類義語や言い換え表現を覚えておけば、状況ごとに言葉を使い分けることができ、表現をさらに広げることが可能ですね。

間違いなどがないように相手に何かを確かめる時によく使う言葉ですが、具体的にはどのような使い方をするのか、また他の言葉で言い換えるにはどのような言い方をすることができるのか、中には疑問を抱くことがあるかもしれません。

「念を押す」の意味と使い方について、大手企業での勤務後ライターとして数々の記事を編集・構成・執筆を手がけている筆者が解説していきます。また、「念を押す」の類義語・言い換え表現として多用される「注意する」「駄目押し」についても、その意味と例文をチェックしておきましょう。

「念を押す」の意味と使い方・例文・類義語・言い換え表現

image by iStockphoto

物事の確認の際に使うことが多い「念を押す」という言葉ですが、ビジネスシーンやプライベートで使用する機会が比較的多い言葉になりますね。会社や家庭でも使用することが多い言葉ですが、その言葉通りの意味ということも出来ます。どうしても心配な時や、確認を改めてしておきたい時などに便利に使える「念を押す」という言葉について、その意味をおさらいしておきましょう。また、使い方のヒントになる例文とその類義語や言い換え表現も確認して、表現の幅を広げるための参考にしてみて下さいね。

「念を押す」の意味

最終的な確認をする際によく使われる「念を押す」という言葉は、使い方によっては便利で簡潔に物事や状況を伝える事ができます。そういった性質からも、ビジネスシーンでもプライベートでも使い勝手の良い言葉と言うことができるのではないでしょうか。一般的には「最後の確認」というようなニュアンスで使われているこの言葉の意味についておさらいしておきましょう。辞書に記載されている「念を押す」の定義についてご紹介します。

間違いがないよう、相手に十分にたしかめる。

出典:広辞苑 第6版(発行所 株式会社岩波書店)「念を押す」

つまり、「何かを取り違えたり誤ったりすることがないように相手に十分に確認する、曖昧なところをはっきりとさせる」ことをいう語となっています。

 

「念を押す」の例文

「念を押す」という言葉については、ほとんどの人が1度は使ったことがある表現でしょう。約束や指示、契約ごとや頼み事などについてしっかりと相手に伝える事を意味する「念を押す」について、正しい使い方を今一度おさらいしておきたいですね。日常の生活で適切に使うためのヒントとして、その例文もチェックしましょう。普段この言葉を使う際の参考におさらいしてみて下さい。

「新幹線に乗り遅れるといけないので、いつも遅刻してくる彼に旅行の日は時間通りに行動するよう念を押しておいた」

「プランを変えると料金が安くなることを念を押して契約したが、実際には安くなっていなかったためクレームの電話を入れて解約した」

「彼らが社内恋愛をしていることを偶然知ってしまい、口外しないようにと念を押して頼まれた」

「元旦までに相手に届くようにしたいので今日中に年賀状を投函しておくように妻に念を押した

 

 

「念を押す」は、上記のように、間違いがないように大事な用件などを前もって相手によく確認しておくことや曖昧なところがないようにはっきりさせることについていう場合に、「~するよう念を押す」「念を押して~する」といった形で使うことができます。

次のページを読む
1 2 3
Share: