言葉の意味

「想像に難くない」の意味と使い方・例文・類義語は?現役ライターがサクッとわかりやすく解説!

「想像に難くない」の類義語2 「先が読める」

image by iStockphoto

「想像に難くない」「想像が容易」という言葉の類義語として挙げられる「先が読める」という言葉ですが、この言葉が一番認知度が高い言葉と言うことができるかもしれません。まさに日常生活や仕事では、この先を読む能力を使うことが求められる場面が多いですね。「想像に難くない」の類義語である「先が読める」について、その意味と使い方・例文を見ていきましょう。

「先が読める」の意味

「先が読める」という言葉ですが、前述でご紹介している「想像に難くない」「想像が容易」という言葉の類義語ということもあり、意味が非常に似通っています。さらにダイレクトに考えを伝える言い回しとして使用することが可能です。では、実際の意味を辞書を元にご紹介しましょう。

将来に起こることを予測・推測する。

出典:weblio 三省堂 大辞林「先を読む」

 

つまり、難易度に関係なく「起こることが予測できる」状況で使うことができる言葉になります。

「先が読める」の使い方・例文

「先が読める」という言葉は、他の類義語に比べて直接的で、想像が簡単かどうかについては言及していない言葉になります。将来起こることが予測できる時に使うことができる言葉ですが、適切に使用するためにその例文をチェックしていきましょう。

「航海に出るときは、先を読んで準備や段取りを怠らないことが生死を分けるだろう」

先を読むことで、仕事の遂行がさらにスムーズになります」

「経験豊富なロッククライマーは、岩を登りながら先を読んで計算する」

「彼女は彼の行動の先を読んで、すでにショッピングモールに到着していた」

\次のページで「「想像に難くない」とその類義語を適切に使おう」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: