言葉の意味

「手法」の意味と使い方・例文・「手段」との違いは?小説作家である筆者がサクッとわかりやすく解説!

目的を達するための具体的なやり方。てだて。
出典:広辞苑 第6版(発行所 株式会社岩波書店)「手段」

そして、「手法」と「手段」の使い方を比較すると以下のようになります。

「手段」:「そうやってすぐに話を逸らすのは彼が都合の悪いことを隠すために使う常套手段だ」(≒「そうやってすぐに話を逸らすのは彼が都合の悪いことを隠すためにいつも決まって使うやり方だ」)

「手法」:「絵画のさまざまな手法を理解し習得することは表現の幅を広げる上で重要だ」(≒「絵画作品で優れた表現をするための技術を理解し習得することは表現の幅を広げる上で重要だ」)

つまり、
「手段」は「意図していることを実現するための具体的なやり方」を表しており、
「手法」は「物をつくる時のやり方」特に「芸術作品における表現技法」ということを表す言葉です。

「手法」と「手段」は上手に使い分けよう

以上、「手法」の意味と使い方、「手段」との違いについてまとめました。

この言葉は「物をつくったり物事を行う時のやり方」のことをいい、昔から美術などの芸術作品で優れた表現をするための技術的な方法についていう場合に使われています。

近年では、ビジネスの多様化が進むことで、ビジネスシーンでの活用場所が増えてきました。

また「手段」も何かのやり方についていう言葉ですが、この場合は、単に何かを行うやり方ではなく、「意図していることを実現させる」「ある目的を遂げる」ための具体的なやり方をいいます。

どちらも近い意味ですが、それぞれ異なる場面で使うため、適切に使い分けることが大切です。

1 2 3
Share: