言葉の意味

「手法」の意味と使い方・例文・「手段」との違いは?小説作家である筆者がサクッとわかりやすく解説!

「手法」は、物づくりなどで使われることが多いですが、「手法」を身に付けるということは、裏技を手に入れた感覚になると思います。

また、個人のスキルアップにも貢献することが可能です。

その裏技を手に入れた人とそうでない人とは、物づくりに対して、できる人とできない人の違いが生まれるではないでしょうか。

ライバルと差を付けることが可能となり、多くの「手法」を一つ一つ積み上げていくことができると、更に豊かな生活が送れるでしょう。

「手法」の類義語・言い換え

image by iStockphoto

次に、「手法」の類義語や言い換え表現について見ていきましょう。
「物を作ったり物事を行ったりする方法」という意味からも以下のような言葉があります。

・製法
・技法
・方式

それぞれの意味を見ていきましょう。

「製法」:製造の方法。
 例文:ガラスの強度をあげるため、新しい製法を見つけました。

「技法」:美術などの表現方法。
 例文:日本画は、特殊な技法が使われている。

「方式」:定まった形式。
 例文:他社と差別化を図るために、独自方式を採用しました。

これらの語を「手法」と置き換えて使用することで近い意味のことを述べることができます。

「手法」の対義語・反対語

image by iStockphoto

次に、「手法」の対義語・反対語についても見てみましょう。

「手法」の対義語・反対語は、「目的」と言われています。
「目的」の意味は以下の通りです。

1.成し遂げようと目指す事柄。行為の目指すところ。意図している事柄。「―をとげる」
2.〔哲〕意志によってその実現が欲求され、行為の目標として行為を規定し、方向づけるもの。
出典:広辞苑 第6版(発行所 株式会社岩波書店)「目的」

例文:今日から目的意識をもって、生活します。

このように、「手法」の対義語は、「目的」であり、目的を達成するために、「手法」が必要であるということですね。

また、「手段」の対義語も「目的」です。
こちらも同様にして目的を達成するための方法となりますが、「手法」と「手段」については、少し意味が異なりますので次に紹介します。

「手法」と「手段」との違い

「手段」には以下の意味があります。

\次のページで「「手法」と「手段」は上手に使い分けよう」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: