言葉の意味

「有望」の意味と使い方・例文・類義語は?現役ライターがサクッと解説!

「有望」(読み方:「ゆうぼう」)という言葉は、「将来有望な青年」「有望株」などの形でよく用いられています。

先々を期待されている人に対してよく使われている言葉ですが、具体的にどのような使い方をするのか、また他に近い意味の語にはどのようなものがあるのか、中には疑問が浮かぶこともあるかもしれません。そんな「有望」という言葉について、大手企業での勤務後ライターとして数々の記事を編集・構成・執筆を手がけている筆者が説明していきます。

「有望」という言葉を適切なシチュエーションで使用するためにも、その意味と例文をチェックしてみましょう。また、「有望」という言葉を状況で使い分けられる類義語についてもご紹介します。これらの意味と例文も確認して、ニュアンスを掴めばより言葉が使いやすくなるのではないでしょうか。




「有望」の意味と使い方・例文・類義語

image by iStockphoto

将来に期待が持てる人や、これからの展望が期待できるときに使うことができる「有望」という言葉は、プライベートやビジネスシーンなどで使うことができる表現です。構成する漢字である「有」と「望」からも、その意味が想像できるので、文章で使うときにも意味が伝わりやすい言葉と言えるでしょう。この「有望」という言葉をシチュエーションによって適切に使うために、その意味と例文を確認しておきたいですね。また、「有望」の類義語にはどんなものがあるのかも合わせてチェックしてみましょう。

「有望」の意味

予想できる将来や未来の状態や状況を説明する時に使用する「有望」という言葉ですが、現在まだ未熟でも将来は見込みがあるという場合に使用することが可能です。シチュエーションで正しく使うために、その意味をご紹介します。辞書に記載のある定義について見てみましょう。

将来に望みの多いこと。見込みのあること。

出典:広辞苑 第6版(発行所 株式会社岩波書店)「有望」

つまり、「近い未来に対して寄せる期待が大きいこと」「将来性があること」を表す語となっています。

「有望」の使い方・例文

将来の見込みを説明する時に使える「有望」という言葉は、文章に加える場合どのような使い方になるのでしょうか。名詞として、また名詞を説明する形容詞としても使用可能な「有望」について、その使い方のヒントとなる例文をご紹介します。

「近年導入率が右肩上がりで伸びてきている太陽光発電は将来を有望視されている市場の一つだ」

「彼は昔、最年少で優勝を飾り前途有望と見込まれた選手だった」

「彼は入社してしばらくするとめきめきと頭角を現すようになり、今では会社の上層部から有望な人材と目されている」

「なかなか目立った選手が育たないマイナー競技で着実に実績を残している彼は業界の有望株だ」

「有望」はこれから先に期待を掛けられる人や物事についていう場合に、主に「有望な~」「~は将来有望だ」といった言い方で使われますが、「有望視」(有望だと見なされている)、「有望株」(有望だとして扱われる資格がある)、「前途有望」(将来に成功する見込みがあること)といった形でも使われています。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: