言葉の意味

「立役者」の意味と使い方・例文・類義語は?現役ライターがサクッとわかりやすく解説

「立役者」の類義語とは?

次に、「立役者」の類義語について見ていきましょう。

この言葉と似た意味の語には、以下のようなものが挙げられます。

 

#1 花形

次に、「花形」には以下の意味があります。

一座を代表する人気役者。「花形役者」の略。

出典:明鏡国語辞典(発行所 株式会社大修館書店)「花形」

人気があって、一座の代表的な俳優。転じて、ある分野で人気があり、注目を集めている人や事柄。

出典:デジタル大辞泉(発行所 株式会社小学館)こ

つまり、「(劇団など)その一座の代表となる人気俳優」のことをいいます。

元々は歌舞伎の世界から生まれた言葉で、歌舞伎俳優のうち演技の実力がある人を「実方(みがた)」、人気があり華やかな人を「花方(はながた)」と呼んでいました。「男方・女方」を「男形・女形」と表記が変わったように、「花方」も「花形」と変わり、今に至ります。

「長身の美男子で体格の良い彼は劇団に入ってから1年で花形に抜擢された」

「その舞台では劇団の花形となる俳優が主役を演じている」

「今夏の甲子園の花形選手が多く、注目を集めている」

#2 中心人物

まず、「中心人物」には以下の意味があります。

\次のページで「アジテーター」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: