言葉の意味

「立役者」の意味と使い方・例文・類義語は?現役ライターがサクッと解説

「立役者」(読み方:「たてやくしゃ」)という言葉は、「立役者になる」「影の立役者」などの形でよく用いられています。

何かの物事を成す上で、重要な役割を果たした人物についていう場合に用いる言葉ですが、
具体的にどのような使い方をするのか、また他に近い意味の語にはどのようなものがあるのか、中には疑問を抱く方もいるかもしれません。
そこで、ここでは「立役者」の意味、言葉の成り立ちと、使い方や類義語について学んでいきましょう。
歌舞伎を含め、舞台を愛するライターあかりが、本稿を担当いたします。

「立役者」の意味と使い方・例文

image by iStockphoto

それでは、以下に「立役者」の意味と使い方について説明します。

「立役者」の意味とは?

まず、「立役者」には以下のような意味があります。

一座の中心となる重要な役者。転じて、重要な役割をする中心的人物。

出典:広辞苑 第6版(発行所 株式会社岩波書店)「立役者」

 

芝居で一座の中心になる役者。立役(たてやく)。立者(たてもの)。
ある方面で中心となって活躍する者。中心人物。 
 
出典:大辞林 第三版(発行所 三省堂株式会社)
 
演劇用語。
一座で主要な役を演ずるほどの俳優をいう。歌舞伎(かぶき)の場合、古くは名題(なだい)役者のことを「立者(たてもの)」といい、そのうち一座を統率する座頭(ざがしら)をはじめ、立女方(たておやま)、書出し、中軸(なかじく)などの幹部俳優をとくに「大立者」とよんだ。今日、立役者または大立者といえば、むしろ一般語で、物事の主人公を意味する語になっている。
出典:日本大百科全書(発行所 株式会社小学館)

つまり、もともとは演劇用語で芝居の一座において「中心となる重要な俳優」を指す言葉。現在、そこから転じて一般的にも「ある物事において重要な役割を担っている中心的な人物」を「立役者」と表現しています。

歌舞伎では、男役のこと(また男役の主役のこと)を「立者(たてもの)」また「立役(たちやく)」。またその役を演じる役者や一座をまとめる中心的な幹部俳優を「大立者」などと呼んでいます。「立役者」も同じ意味です。

一つのストーリー(エピソード)において、主人公・ヒーロー的な役割を担った人をこの言葉で指し示すと良いでしょう。

 

「立役者」の使い方・例文

image by iStockphoto

次に、「立役者」の使い方を例文を使って見ていきましょう。

この言葉は、たとえば以下のように用いることができます。

「彼は地域ブランドを確立し地域活性化を成功させた立役者だ」

「スーパーセーブで相手方のシュートを阻止しチームのピンチを救った彼は、チームを勝利へと導いた影の立役者だ」

「劇団の立役者である彼は、座長として一座の責任者的な役割も担っている」

「スティーブ・ジョブズはApple創業者の一人でありながら会社を追い出されたが、後に復帰し絶不調にあったAppleの業績を回復させる立役者となった」

「過疎化が進んだこの村に注目が集まり、活気が戻った。その立役者は伝統を受け継いだおばあちゃんだった。」

辞書を紐解くと、「立役者」とは主役(または中心的な役者)や出来事の中心人物とされており、一見すると、《人物》以外を指す際には使えないように思わえるのではないでしょうか。

しかし、近年は人物以外にも、そのモノの魅力の中心となるポイント、流行の要因になってたモノを「立役者」と呼ぶケースが多々見受けられます。

「鰹節は、料理の立役者として、今世界で注目を集めている。」

「手帳ブームの立役者、マスキングテープの魅力に迫る。」

次のページを読む
1 2 3 4
Share: