言葉の意味

「和気」の意味と使い方・例文・類義語は?現役ライターがサクッと解説

「和気」(読み方:「わき」)という言葉は、「和気藹々」「和気がある」などの形でよく用いられています。

「和気藹々」は一般的な言葉として認知度の高い四字熟語ですが、反面、それ以外の形で「和気」が使用されることは少なく、具体的にどのようなことを表すのか、また他に近い意味のある語にはどのようなものがあるのか、なかなか知られていないのではないでしょうか。

「和気藹々」は複数の人が仲睦まじい様子を表しています。ビジネスにおける同僚やパートナー、クライアントとの関係性は、シビアな面も多々ありますが、他者と良い関係性を構築することで仕事がはかどったり、高い成果を獲得できるということは自明の理ではないでしょうか。

「和」という字が含まれる言葉の多くは、「平和」「調和」「和む」「和音」など、交わりながらも、そこに安らぎや穏やかさ、落ち着き、またはより良い美しさをうむ良好な状態を表します。
そこで、今回のテーマ「和気」。
この言葉の理解を深め、お仕事においても役立てていただけますと幸いです。

「和気」の意味と使い方・例文

image by iStockphoto

それでは、以下に「和気」の意味と使い方について説明します。

「和気(わき)」の意味とは?

まず、「和気(わき)」には以下のような意味があります。

のどかな気候。あたたかい陽気。

なごやかな気色。むつまじい気分。

出典:広辞苑 第6版(発行所 株式会社岩波書店)「和気藹藹」

 

のどかな陽気。穏やかな気候。なごやかな気分。

出典:コトバンク(デジタル大辞泉)「和気(かき、わき)」

つまり、「天気が良く穏やかな気候、暖かい気候」「穏やかで柔らかな表情や様子、仲の良い雰囲気」を表す語となっています。

ちなみに、「和気」には(かき)という読みもあるのはご存知でしょうか。

(かき)も(わき)と意味は同じです。こちらも辞典より引用してみましょう。

むつまじくうちとけ、やわらぐこと。のどやかな気配。

出典:精選版 日本国語大辞典〔文明本節用集(室町中)〕

主に古典に登場した際には(かき)と読むことを留意しておきましょう。

「和気(わき)」の使い方・例文

次に、「和気」の使い方を例文を用いて見ていきましょう。

この言葉は、たとえば以下のように使うことができます。

「彼の会社は規模が小さいが、社員たちはいつも和気藹々とした雰囲気で業務を行い、チームワークが良く一体感を持って働くことができている」

「その日はよく晴れて、和気の漂う麗らかな春の一日だった」

「ウエディングプランナーとの打ち合わせは、和気を欠くことなく終始和やかな雰囲気で進められた」

「彼は心のうちにある緊張を抑えて和気に帯びた表情で接していた」

「五月になると、和気山野に漂い、トレッキングにはお勧めです」

「お店の定員さんの和気を帯びた口調からとても話が盛り上がり、思わず買い物を楽しんでしまった」

 

「和気」とはその場の空気感、雰囲気を表すことが、上記の例文より伝わってくるのではないでしょうか。

「和気」に繋がる言葉として、和やかである場合は「和気が漂う〜」や「和気を帯びた」また「和気あいあいとした」といい。

その逆のケースはでは、「和気を欠いた〜」という表現で使われます。

「和気(わき)」の類義語

image by iStockphoto

次に、「和気」の類義語について見ていきましょう。

この言葉と似た意味のある語には、以下のようなものが挙げられます。

#1 和やか(なごやか)

まず、「和やか」には以下の意味があります。

気分・雰囲気などが穏やかにやわらいでいるさま。

出典:明鏡国語辞典(発行所 株式会社大修館書店)「和やか」

 

複数の人が気分がやわらいでいるさま。おだやか。

態度・物腰のやわらかなさま。しなやか。 

出典:大辞林 第三版(発行所 三省堂株行き会社)

つまり、「人の気分やある場面での雰囲気などが穏やかに打ち解けて親しい様子」をいいます。

基本的に一人ではなく、「複数名」で交流している際にその雰囲気や参加者の対応を表現することに使われることが多いでしょう。

以下のように用いることができます。

「彼らは、休日や仕事終わりによくそのカフェで落ち合っては和やかに談笑していた」

「日本庭園を眺められる料亭の個室で行われた両家の会食は、終始和やかな雰囲気で滞りなく進められた」

「あのホテルが高く評価されているのは、スタッフによって作られる和やかな空間、そして会話だと言われています」

「緊張感の高まった状態で始まった会議だったが、終了後、参加者は皆和やかな雰囲気で席を後にした」

#2 和気藹々(わきあいあい)

次に、「和気藹々(わきあいあい)」について見ていきましょう。

今回のテーマ「和気」を含む語なので、類義語としてのご紹介に違和感を感じる方もあるかもしれませんが、近しい意味をもつ熟語なので、あえてご紹介します。

まずは、辞書を引用し意味を確認しましょう。

なごやかに打ち解けた気分が満ちているさま。

出典:明鏡国語辞典(発行所 株式会社大修館書店)「和気藹々」

 

心と心が通じ合い、和やかな気分が周囲に満ちあふれている様子。

「和気」は穏やかな気分。「藹藹」は和やかなさま。「藹藹」は「靄靄」とも書く。

出典:新明解四字熟語辞典(発行所 三省堂株式会社)

 

なごやかな気分の満ち満ちているさま。

出典:精選版 日本国語大辞典

つまり「穏やかに打ち解けて親しい気持ちが満ちている様子」をいいます。

「和気」よりも「和気藹々」はより人間関係など心情が通いあう様子を表現する際に使用することが適切でしょう。

例えば、「森には和気が漂い〜」などという場合は、

「花や草木が和気藹々と風に揺れている」などと言い換えると、擬人的でより親密な意味合いを表現することができます。

例文を見ていきましょう。以下のように用います。

「彼のクラスメートたちはにぎやかに談笑しながら和気藹々と作業を行っていた」
「そのワークショップは、参加者同士で意見を出し合うなどの和気藹々とした雰囲気の中で、体験型学習を進められるようになっている」

「この度は、当企画にご参加くださりありがとうございます。気取らずにお話をしながら和気藹々とした雰囲気作りに勤めて参りたいとおもいますので、よろしくお願いいたします」

#3 和気靄然(あいぜん)

次に、「和気靄然(あいぜん)」の意味をご紹介します。

「和気藹々(あいあい)」に比べて、使用頻度は低いかもしれませんが、この二つの四字熟語は少し意味が異なりますので、その違いを知っておくと良いでしょう。

なごやかな気分がみなぎっているさま

出典:大辞林 第三版(発行所 三省堂株式会社)

ポイントは、「みなぎっている」という点です。ほんわかと穏やかな空気の「和気藹々(あいあい)」に比べ、

「和気靄然(あいぜん)」は、より喜びに満ちた場所における和やかな空気を表すと良いでしょう。

「大歓喜に充ちて和気靄然(あいぜん)たるものがある」

「快晴の佳き日、新しく家族となる皆さんが集まったこの会場は、和気靄然(あいぜん)たるものがあります」

和やかで穏やかな、気持ちと世界を表す言葉。「和気(わき)」

image by iStockphoto

以上、「和気」の意味と使い方、類義語についてまとめました。

この言葉には「和やかな気色、睦まじい気分」「穏やかな気候、暖かい気候」といった意味があります。

人の表情や様子が穏やかな様子や仲の良い雰囲気、気候など穏やかなことを表す場合に、対象物は広く用いることができ、使いやすい言葉と言えるでしょう。

また、類義語には「和やか」「和気藹々」「和気靄然」があります。「和やか」は人の気分やその場の雰囲気が穏やかで柔らかになること。「和気藹々」は人の集まる場所で和やかに親しんでいる雰囲気が充満している様子。さらに、「和気靄然(あいぜん)」は、喜びが満ちている様子を表します。

これらの語には近い意味がありますが、それぞれ違った場面で用いることができるので、適度に使い分けていきましょう。

Share: