言葉の意味

「多様」の意味と使い方・例文・類義語・対義語は?現役のブロガーがサクッと解説!

「多様」の類義語2:様々

「様々」には以下の意味があります。

一つの様式だけでなく、いくつもの型が見られるさま。いろいろ。種々。

出典:明鏡国語辞典(発行所 株式会社大修館書店)「様々」

「同じような風景でも様々な角度から見ることによって、新たな発見をすることができる」

「学生時代には楽しいことや辛いことなど、様々なことがあったが全て大事な思い出だ」

「問題は同じでも人によって様々な考え方を持つので、一概に否定することはできない」

「多様」「多彩」「様々」の3つの語における違い

では「多様」と類義語を比較して違いをおさらいしましょう。

「多彩」:「その日は多彩な顔ぶれのゲストがそろい、豪華なイベントとなった」(≒その日は多岐にわたる業界からゲストを迎え、華やかで豪華なイベントとなった)

「様々」:「その居酒屋では和食・中華・イタリアン・イタリアンと様々なメニューを楽しめるようになっている」(≒その居酒屋は和食・中華・イタリアンと料理の種類が多く、いろいろなメニューを楽しめるようになっている)

「多様」:「その企業には多様な国籍の社員が在籍している」(≒その企業には異なる数多くの国籍をもつ社員が在籍している)

つまり、「多彩」は「種類が多く華やかなこと」、「様々」は「ある物にいろいろな形・種類のものが見られること」、「多様」は「たくさんの種類があること、つまり同じではないものがたくさんあること」を表すというニュアンスの違いがあります。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: