言葉の意味

「優美」の意味と使い方・例文・「優雅」「雅やか」「風雅」との違いは?現役記者がサクッとわかりやすく解説!

このように、「優美」は「(姿や形、姿勢や動作などが)落ち着いていて、または穏やかで上品なさま」を述べる場合に多く用いられます。

「優美」の類義語は?

image by iStockphoto

それでは、次は「優美」の類義語・類語である「優雅(ゆうが)」「雅(みやび)やか」「風雅(ふうが)」について見ていきましょう。

まず、これらの語には以下の意味があります。

「優雅」:しとやかで気品があること俗事から離れたゆとりが感じられること

「雅やか」:上品で優美なさま風流なさま

「風雅」:上品で趣や味わいがあること俗っぽさがなく雅やかさがあること。詩文・書画・茶道などのことやそれらの嗜みがあること。

「優雅」の使い方は?「優美」との違いは?

それでは、次に「優雅」の使い方、また「優美」との違いについて見ていきましょう。

この語は、たとえば以下のように用いることができます。

「彼は優雅な独身貴族の一人暮らしを謳歌していた」

「優雅な音楽が流れクラシックな雰囲気の漂うそのカフェでは時間がゆっくりと流れているように感じられた」

「道端にこれまで見たこともないほど美しい木が優雅に立っていた」

「自宅にプールがあり、泳ぐというのは、かなり優雅な趣味の一つと言えるだろう」

「今は忙しすぎて、ホタルを眺めたりして過ごした優雅な生活など忘れてしまいそうになる」

このように、「優雅」は、「どことなく上品さが感じられ美しいこと」や「世間の煩わしさから離れた余裕が感じられること」を表す場面で用いられ、姿や形、動作などを対象とする「優美」とは微妙なニュアンスの違いがあります。

「雅やか」の使い方は?「優美」との違いは?

それでは、次に「雅やか」の使い方、また「優美」との違いについて見ていきましょう。

この語は、たとえば以下のように用いることができます。

\次のページで「「風雅」の使い方は?「優美」との違いは?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: