言葉の意味

「奏でる」の意味や語源・英訳・使い方・「弾く」との違いまとめ

「奏でる」(読み方:「かなでる」)という言葉は、「バイオリンを奏でる」「ギターを奏でる」などの形でよく用いられています。

この言葉は楽器を演奏する場合によく使用されるため、普段の会話の中でも特別意識することなく用いられることが多いでしょうまた、「奏」という字は、子供の名前にも人気のある字です。しかし、「奏でる」が具体的にどのようなことを表すのか、また同じような使い方をする「弾く」という言葉とはどのような違いがあるのか、中には疑問が浮かぶこともあるかもしれません。

そこで、ここでは「奏でる」の意味や語源・英訳・使い方、また「弾く」との違いを「誰にでも分かる言葉で伝える」を心掛ける現役ライターが分かりやすく解説していきます。

「奏でる」の意味や語源・英訳・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは、以下に「奏でる」の意味と使い方、また「弾く」との違いを説明します。

#1 「奏でる」の意味は?

まず、「奏でる」の意味について見ていきましょう。この言葉には、以下のような意味があります。

【1】音楽を奏する。楽器、特に弦楽器を鳴らす。
【2】手足を動かして舞う。

出典:大辞林 第三版「奏でる」

つまり、「(人前で)楽器を奏して音楽を創り出すこと」「手足を動かして踊ること」を表す言葉です。

ちなみに、「奏でる」の「奏」という字は、男女ともに子供の名前候補にも人気があります。これは「奏」という漢字が落ち着きや優雅さをイメージさせたり、「演奏すること」を表すことから、周りと調和できる・気配りのできる存在や癒しを与える存在になってほしい、などの願いを込めて名前に選ばれるようです。

#2 「奏でる」の語源は?

次に「奏でる」の語源について見ていきましょう。この語源には、2つの説があります。

1つ目は、「腕が出る」という意味の「かいないづ」という言葉に由来したというものです。「かいな」は「腕」を、「いづ」は「出る」を表しています。この言葉が訛り、「かいないづ」から「かな(奏)でる」になったとされているようです。この、「かいないづ(腕が出る)」という表現は、手を動かして踊るさま、つまり舞を舞っていることを表しており、「奏でる」の意味に繋がっています。

2つ面は、「演奏する」という意味の「かきなづ」という言葉に由来したものです。「かき」は「掻き」を、「なづ」は「撫でる」を意味し、弦楽器などを指ではじきながら演奏する様子を表現しているとされています。この「かきなづ(掻き撫づ)」という表現が、「奏でる」の「演奏する」という意味に繋がるのです。

#3 「奏でる」を英訳すると?

次に、「奏でる」を英語で表現するとどのようになるのか見てみましょう。この言葉を英語にすると、以下のようになります。

●play

日本語では例えば、弦楽器は「弾く」、管楽器は「吹く」など、同じ「演奏する」を意味する言葉でも様々な言い方で表現することができますね。しかし英語においては、楽器を演奏する場合はすべて「play」で表現されるのです。

このように、同じ意味の言葉を様々な表現の仕方で表すのが、日本語の1つの特徴となります。海外の方が日本語を勉強する場合には、このような日本語の特徴に少し苦労するのかもしれません。しかし、これが日本語の美しい面でもあるでしょう。

#4 「奏でる」の使い方・例文

次に、「奏でる」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いることができます。

「そのパーティ会場にはハープが奏でる深みのある柔らかい音色の旋律が響き渡っていた」
「アコースティックギターが奏でるシンプルな旋律は軽快なリズム感がありながらどこか温かみを感じさせる」
「彼女が奏でるバイオリンの哀愁漂う旋律はうっとりするような美しさだった」
「演奏会で彼が奏でるフルートの優しい音色を、一度は聞いてみたいものだ」
「舞台でバイオリンを奏でる彼女は、プロ奏者を目指す私にとって理想的な姿だった」

「奏でる」という言葉は、「楽器を演奏すること」「手足を動かして踊ること」を意味しています。「~を奏でる」などのように用いることができ、楽器の中でも、主に弦楽器などを演奏するときなどに用いられることが多いようです。

「奏でる」の類義語は?

image by iStockphoto

次に、似た意味のある「弾く」という語との違いについて見ていきましょう。

#5 「弾く」

まず、「弾く」には以下の意味があります。

弦楽器・鍵盤(けんばん)楽器を演奏する。また、そのようにして音楽を作り出す。奏でる。奏する。弾ずる。鳴らす。

出典:明鏡国語辞典「弾く」

そして、この言葉と「奏でる」の使い方を比較すると以下のようになります。

「彼女の弾く表現力豊かなピアノの音色は心の琴線に触れた」
「彼女の三味線を弾く姿は、会場の視線を集めた」
「彼の弾く陽気なギターの音に合わせて、その場にいた皆がダンスした」
「大きなシャンデリアがあるホールの中で、ピアニストの友達が素敵な曲を弾いていた」

以上より、「弾く」は「弦楽器や鍵盤(ギターなどの弦の振動で音を出す楽器やピアノなどの指で叩いて音を出す楽器)を演奏する、それによって音楽を作り出す」こと、「奏でる」は「主に管楽器(管の中を振動させて音を出す楽器)、弦楽器を演奏する、そうして音楽を作り出す」ことについていう場合に用いるという違いがあります。

これらの言葉は、どちらも「演奏する」という意味を表していますが、何の楽器を演奏するかにより使い分けるようにしましょう。

「奏でる」は主に管楽器や弦楽器を演奏する場合に、「弾く」は主に弦楽器や鍵盤などを演奏する場合に用いられるという違いがあります。どの表現を用いるか迷った時には、何の楽器を演奏するかにより使い分けると良いでしょう。

「奏でる」を使いこなそう

以上、「奏でる」の意味と使い方についてまとめました。この言葉は「管弦楽器を演奏する、それによって音楽を作り出す」ことをいい、「ギターを奏でる」「ハープを奏でる」などの形で用いられています。

また、同じように「演奏する」という意味を持つ「弾く」は、主にピアノやギターなどの鍵盤や弦楽器を演奏する場合に用いられる言葉です。

たとえば「ギターを弾く」「ギターを奏でる」などのように弦楽器の場合には、両者の語を入れ替えて用いることもできますが、どのような楽器を用いるかによってそれぞれの言葉を使い分けると良いでしょう。

Share: