言葉の意味

「一助」の意味と使い方・例文・類義語は?現役ライターがサクッと解説

「協力」は「ともに力を合わせて取り組む」ことを表し、「ご協力」の形で、相手に何かを依頼するときに使う言葉です。

「協力」を用いた例文は次のようになります。

ID: ↑パーツ内本文:78文字

「講演中は携帯電話の電源をお切りください。皆様のご理解とご協力をお願いいたします」

「この度はお忙しい中アンケートにご協力いただきまして、誠にありがとうございます」

ID: ↑パーツ内本文:83文字

「尽力」

image by iStockphoto

「尽力(じんりょく)」は、次のような意味を持つ言葉です。

ID: ↑パーツ内本文:28文字

ある目的の実現のために、力を尽くすこと。

出典:小学館「尽力」

ID: ↑パーツ内本文:32文字

「尽力」とは「力を尽くす」の文字通り、精一杯の努力をする意味合いが含まれています。

自分の行動に対しても使えますし、「ご尽力」の形で目上の人の行動に対して感謝する場合にも使える表現です。

ID: ↑パーツ内本文:94文字

「この度は〇〇様のご尽力のおかげで成功をおさめることできました。深く感謝申し上げます」

「これもひとえに皆様方のご尽力の賜物と心から感謝いたします」

ID: ↑パーツ内本文:75文字

人の助けになる意味の言葉を使い分けよう

以上、「一助」の意味と使い方、類義語などについてまとめました。

この言葉は「少しの助け」、つまり直接何かの解決につながるような大きな助けではなく、程度の少ない助けや、ある物事の不足している部分を一部補う形で役立つわずかな助けになることをいい、「~の助力となる」「~の助力を担う」といった形で用いられています。

また、近い意味としては「力添え」「助力」といったものがありますが、これらは他人の仕事や活動などを手助けもしくは援助する、また逆に手助けや援助を受ける場合に用いることができる言葉です。

それぞれニュアンスは異なりますが、人の仕事や活動、もしくは足りていないものを補うなど、何らかの助けとなるものなどについていう場合に用いることができるため、場面に応じて適度に使い分けると良いでしょう。

ID: ↑パーツ内本文:349文字
1 2 3 4
Share: