言葉の意味

「一助」の意味と使い方・例文・類義語は?現役ライターがサクッとわかりやすく解説

「力添え」

image by iStockphoto

まず、「力添え(ちからぞえ)」には以下の意味があります。

力を貸すこと。手助けをすること。助力。援助。

出典:明鏡国語辞典(発行所 株式会社大修館書店)「力添え」

つまり「力添え」とは、「他人の仕事などを手伝う、困った状況にある人を助けること」を表し、「協力」「助力」「援助」「手助け」などの言葉と言い換えることが可能です。

「お力添え」の形で、「お願いする」「感謝する」「謝罪する」場面で使われます。相手からの助けに対して用いられ、自分の行いに対しては使うことができません。ですから、「お力添えになることができたらと思います」というのは間違いで、「お力になることができたらと思います」とするのが正しい言い方です。

「力添え」は、次のように用いることができます。

「友人の力添えを受けて無事に就職先を決めることができた」

「是非ともお力添えを賜りたく何とぞよろしくお願い申し上げます」

「これもひとえに、〇〇様のお力添えがあってこその成果です」

「この度はお力添えいただいたにも関わらず、このような結果となってしまいましたことを深くお詫び申し上げます」

「助力」

image by iStockphoto

次に、「助力(じょりょく)」には以下の意味があります。

他人の仕事・活動などに力を貸すこと。手助け。

出典:明鏡国語辞典(発行所 株式会社大修館書店)「助力」

つまり「助力」とは、「他人の仕事や活動の手助けをすること」を表す言葉です。

「ご助力」の形で、誰かにお願いする場合、相手からの手助けに対してお礼を言う場合に、次のように使うことができます。

\次のページで「「支援」」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: