言葉の意味

「颯爽」の意味と使い方・例文・類義語は?新聞記者歴29年の筆者が解説!

凛々しい(りりしい)

「凛々しい」とは「きりりと引き締まって勇ましい感じ」を表現する言葉です。

「凛(りん)」とは本来「厳しい寒さ」のことでしたが、次第に「厳格な様子。威厳がある様子。きちんとした様子」を言い表すようになりました。畳語として「凛凛」と重ね、接尾辞「~しい」を加えることで、より意味を強調した形容詞になっています。

以上のことから、少し近づき難いといったニュアンスも持つようです。また、男性に対して用いられることが多いイメージがありますが、特に決まりはありません。

例文:

「念願の警察官となった彼は、制服姿はさることながら顔つきまでもが凛々しく輝いて見えた」

「空手の試合を初めて見に行ったが、選手たちのその凛々しさにはとにかく圧倒された」

英語で表現すると…

「颯爽」を英語で言い表すと、以下のようになります。

dashingly:威勢よく。派手に。

gallantly:勇敢に。雄々しく。

courageous:勇気のある。勇敢な。度胸のある。

ただ、日本語の「颯爽」ほどプラス評価一辺倒ではなく、行動を揶揄する意味を込めて使うこともあるようです。

ポイントを押さえて「颯爽」と使いこなそう

以上、「颯爽」の意味と使い方、また類義語にあたる語について、詳しく解説してきました。

この言葉は「人の姿・態度・行動がきりりとしているさま」「姿などが勇ましく、きびきびしているさま」を言い表します。本来自然条件に対する表現でしたが、人の容姿や態度などをそうした自然(特に風)になぞらえて称賛する表現です。男性・女性の区別なく用いることができますが、自分に対して使う場合には気を付けましょう。

また近い意味の語には「涼やか」「凛々しい」といった語があります。「涼やか」は「爽やかさ」、「凛々しい」は「きりりとした感じ」を言い表す点が「颯爽」と共通です。

いずれも、人に対するプラス評価を表現する際に用いられます。したがって、多くの語を覚えておくと、さまざまな場面で役に立つのではないでしょうか。

1 2
Share: