言葉の意味

「素晴らしい」の意味と使い方・例文・「素敵」との違いは?現役ライターがサクッと解説

「素晴らしい」(読み方:「すばらしい」)という言葉は、「素晴らしい~」「~は素晴らしい」などの形でよく用いられています。

日常的によく使うことばの一つではありますが、具体的にはどのようなことを表しているのか、また近い意味を持つ言葉の「素敵」とはどのような違いがあるのか、疑問に思うことがあるかもしれません。

そこで、ここでは「素晴らしい」の意味と使い方、また「素敵」との違いなどについて、翻訳経験のある現役ライターの筆者が説明していきます。

「素晴らしい」の意味と使い方・例文・「素敵」との違い

image by iStockphoto

それでは、「素晴らしい」の意味と使い方、また「素敵」との違いなどについて説明していきましょう。

「素晴らしい」の意味は?

image by iStockphoto

まず、「素晴らしい」には以下のような意味があります。

感銘を受けるほど、すぐれているさま。見事だ。立派だ。素敵だ。理想的だ。
《「-く」の形で、副詞的に》驚くほど、程度がはなはだしいさま。

出典:明鏡国語辞典「素晴らしい」

つまり、「深く心に感じるほどに優れている様子」「ある物事の度合いが一般のそれをはるかに上回っている様子」を表す語となっています。

現代では「素晴らしい」は褒め言葉として使われていますが、もともとは「ひどい」というようなマイナスイメージの言葉でした。

「すばる、すぼる(窄る)」(狭くなる、縮まるという意味)という動詞が形容詞化されて「すばらし(すばらしい)」になり、それが「す(接頭語)+晴らし」から成ると誤った解釈をされて、現在の意味に転じたと言われています。

「素晴らしい」の使い方・例文

image by iStockphoto

次に、「素晴らしい」の使い方を例文を使って見ていきましょう。

この言葉は、たとえば以下のように用いることができます。

「事前の宣伝活動が功を奏したのか、その店は開店初日から素晴らしい盛況ぶりを見せていた」
「その学生が主催する劇は意外にも素晴らしい出来栄えで、感嘆に値するものだった」
「当日は天候に恵まれ、素晴らしく青い空の下で大会が開催された」
「彼は演奏会でその素晴らしい実力を遺憾なく発揮した」

次のページを読む
1 2 3 4
Share: