言葉の意味

「千載一遇」の意味や英訳・語源・使い方・類義語は?現役ライターがサクッと解説!

#3 「千載一遇」の英訳は?

次に「千載一隅」を英語でどのように表現するのか見てみましょう。この言葉を英語で表現すると、たとえば以下のようになります。

●a golden opportunity
●one chance in a million

上記を直訳すると、「a golden opportunity」は「黄金の機会」、「one chance in a million」は「百万に一度のチャンス」という意味です。日本語では、「千年に一度」という表現で滅多にない様子を表現していますが、英語では「百万に一度」という表現を用いている点が面白いですね。

ID: ↑パーツ内本文:262文字

#4 「千載一遇」の使い方・例文

次に、「千載一遇」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いることができます。

ID: ↑パーツ内本文:56文字

「以前から興味を持っていた企業がちょうど技術職の中途採用を募集していることを知り、千載一遇のチャンスだと応募する」
「飲食店開業のための物件を探していると、間取りや家賃など希望する条件がぴったり合う物件が見つかり、千載一遇の機会と申し込みをする」
「転職して手に職を付けたいと考えていた時に、30代未経験者でも応募できるSEの募集を見つけた。こんなことは千載一遇のことだと早速応募書類を用意した」
「自身の実績として残せる大きな仕事の指名が入り、千載一遇のチャンスが到来したとはりきって仕事に取り掛かる」

ID: ↑パーツ内本文:249文字

「千載一隅」とは、千年に一度訪れるかどうかというほどの「滅多にない機会」を表した言葉です。この言葉は「千載一隅のチャンス」などと用いることができます。

ちなみに日本語では「千年に一度」という表現で、「またとない機会」を表していますが、これを英語で表現すると「one chance in a million」のように「百万に一度」となり、どれほど珍しい事なのかがよく分かりますね。

ID: ↑パーツ内本文:190文字

「千載一遇」の類義語は?

image by iStockphoto

次に、「千載一遇」の類義語について見ていきましょう。この類義語には、「空前絶後」「一世一代」などがあります。

ID: ↑パーツ内本文:54文字

#5 「空前絶後(空前絶後)」

まず、「空前絶後」について見ていきましょう。この言葉には、以下の意味があります。

ID: ↑パーツ内本文:40文字
次のページを読む
1 2 3 4
Share: