言葉の意味

「頂戴」の意味と使い方・例文・「賜る」「頂く」との違いまとめ

「頂戴」(読み方:「ちょうだい」)という言葉は、「~を頂戴する」といった形でよく用いられています。

ビジネスシーンや日常生活、様々な場面で良く用いられるのが「頂戴」という語ですが、普段よく使うからこそ使い方が本当にこれで合っているのか時折不安になりませんか?

また、「賜る」「頂く」といった似た意味を持つ語とは具体的にどのような違いがあるのか、疑問が浮かぶ方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで、今回は「頂戴」の意味と使い方や注意点、また「賜る」「頂く」との違いについて営業歴5年、ライター歴3年、ビジネス用語の詳しさには定評のある筆者が解説します。

「頂戴」の意味と使い方・例文・「賜る」「頂く」との違い

それでは、以下に「頂戴」の意味と使い方や注意点、また「賜る」「頂く」との違いを説明していきます。

日常会話やビジネスシーンで間違った使い方をしている人が多いので、ぜひ参考にしてみて下さい。

「頂戴」の意味は?

image by iStockphoto

まず、「頂戴」には以下のような意味があります。

・人から何かをもらうこと。

・相手に敬意を表し、もらった物を頭上に高くささげること。

・人から何かをもらった時に、お礼として述べる語。

・物を欲しがる時に使う語。

このように、言葉としての定義は、

「もらうこと、頂くことをいう謙譲語」ということです。

出典:明鏡国語辞典「頂戴」①

この言葉には他にも、

・頭の上にささげ持つことと

・食べることをへりくだって言う語

といった意味がありますが、主には上記のように「人から何かをもらうこと」の謙譲語、つまり自身を低めて聞き手である相手を高める言い方として用いられる語となっています。

例外として、TVドラマや映画などで泥棒が人のリュックサックやバッグから物を盗む時に、「頂戴する」と皮肉として使う場面があったり、人から同情される、哀れみをかけられることを「お情け頂戴」ということも。

このように、本来の意味とは違った使い方をすることもあるのです。

「頂戴」の由来は?

「頂」は「物の最も上の部分」

「載」は「頭の上にのせる」「うやうやしく上にささげて持つ」

ということを意味しており、

「頂戴」の語源は「身分の高い人から物をもらったときに頭の上にささげて感謝するさま」から来ています。

まさに文字通りの由来ですね。

「頂戴」の対義語

「頂戴」対義語は「献上(けんじょう)」です。

献上とは、

・主君や貴人にものを差し上げること。奉げること。

・点数をとられること。

・献上博多の略。

という意味があり、主には主君や貴人にものを差し上げること。

つまり、身分の高い人に物を差し上げるということを表しているのです。

献上博多とは、江戸時代に博多藩主から将軍へ上等の博多織の帯を差し上げていたことを意味しており、現在ではその織物自体を博多献上と呼んでいます。

「頂戴」の使い方・例文

次に、「頂戴」の使い方について例文を使って見ていきましょう。

この言葉は、たとえば以下のように用いることができます。

「お心遣い、ありがたく頂戴します」

「このたびは、貴重なご意見を頂戴し誠にありがとうございました」

「このたびは結構なお品を頂戴しましてありがとう存じます」

「このたびは弊社スタッフの対応にお褒めの言葉を頂戴し、誠にありがたく存じます」

など、主にビジネスシーンでの会話やメールで使われます。

日常生活ではご近所の人やお世話になった恩師や先輩から何かをもらった時に使われることが多いと思いますが、その場合はどちらかというと「頂く」を用いる場面が多いのではないでしょうか。

また、元々は「頂戴する」という動詞としてのみ使われていた語なのですが、時が経つにつれて「お菓子頂戴」や「このお肉500グラム頂戴」など、補助動詞の命令形のように用いられるようになりました。

たとえば「~してちょうだい」というように物を与えてくれ、売ってくれという意や、相手に何かしてもらうのを親しみの気持ちを込めて促す語として、使われるようになった珍しい語でもあります。

しかし「~してちょうだい」という表現は、よく知る間柄同士で使う分には構いませんが、目上の人に対して使用するのは好ましくありませんね。

また、名古屋弁で「~してちょ」という言葉があるのですが、これは「~して頂戴」が簡略化されたものです。

響きの可愛い喋り方なので、今では名古屋以外の地域でも若い人達を中心に使われています。

注意!「頂戴いたします」は二重敬語

image by iStockphoto

相手からものをもらうとき、特にビジネスシーンではよく「頂戴いたします」を使ってしまうことがありますよね。より丁寧で正しい表現だと捉われがちですが、実はこれは間違った使い方。

「頂戴」はもらうの謙譲語で、「いたします(いたす)」はするの謙譲語のため、二重敬語になってしまいます。

敬語には尊敬語、謙譲語、丁寧語という3つの種類があり、それぞれが2つ連続すると、二重敬語になってしまうのです。

しかし、二重敬語でありながら、ビジネスシーンではごく普通に使用されているのであまり違和感を感じません。

たとえば、「先ほど頂戴しました書類の件なのですが…」という文と「先ほど頂戴いたしました書類の件なのですが…」という文では、後者の方が相手に丁寧に聞こえるので適切だと思いがちですが、日本語の運用としては正確ではないので、できるだけ正しい敬語を使うことを心掛けましょう。

また、よく使われる言葉で「~ご覧になられましたか?」というものがありますが、これも「ご覧になる」と「られる」という二重敬語なので注意が必要です。

そもそも、なぜ二重敬語が正しくない表現になったのかというと、元々は日本における敬語の歴史が関係しているようですね。

あまり知られていませんが、実は日本語には最上級の敬意を表す言葉として「最高敬語」というものがあり、天皇や皇族に用いられていました。

その表現が「頂戴いたします」などの二重敬語だったため、一般的に使うのは不適切であると解釈されたようです。

「お名前を頂戴できますか」は間違い?

image by iStockphoto

電話対応時や来客時に、「お名前を頂戴できますか」や「お名前を頂戴してもよろしいでしょうか」などということが良くありますが、本来の「頂戴」の意味からすると不適切な表現です。

本来、「頂戴」は「ものをもらうの謙譲語」であるため、「お名前を頂戴する」だと「名前そのものをもらう」ということになってしまいます。

自分の子供の名前としていただくときには間違いではありませんが、上記のように相手の名前を尋ねる場合にはおかしな表現になるのがお分かりになるでしょうか?

なので、こういった場面では以下の正しい表現を使いましょう。

・お名前をお聞かせください

・お名前をお教えください

・お名前をお聞かせ願いますか

・お名前をお聞きしてよろしいでしょうか

・お名前をお聞かせいただけますでしょうか

・お名前を伺ってもよろしいでしょうか

・お名前をお伺いしてもよろしいでしょうか

・お名前をお教えいただけますでしょうか

似た言い方でも「お名刺を頂戴できますでしょうか?」は名刺というものをもらうことなので、正しい使い方と言えます。

目に見えないものではなく、形のあるものをもらう時に使いましょう。

「賜る」「頂く」との違いは?

次に、頂戴と似た意味を表す「賜る」「頂く」という語との違いについて見ていきましょう。

まず、これらの語にはそれぞれ以下のような意味があります。

・賜る・・・「もらう」の謙譲語。いただく。頂戴(ちょうだい)する。

出典:明鏡国語辞典「賜る(給わる)」①

 

・頂く・・・「もらう」の謙譲語。頂戴(ちょうだい)する。

出典:明鏡国語辞典「頂く(戴く)」④

どちらも「もらうの謙譲語」ではありますが、この2つの語と「頂戴」の使い方を比較すると以下のようになります。

「賜る」:「平素より格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます」

「頂く」:「このたびはご丁寧にお見舞いのお手紙をいただき、ありがとうございました」

「頂戴(する)」:「結構なお歳暮のお品を頂戴し、誠にありがとうございました」

つまり、意味上の定義ではいずれの語も「もらう」の謙譲語とされており、同じような使い方ができるようではありますが、「賜る」は「与える」の尊敬語として「目上の相手がものなどをくださる」という比較的相手を敬う意味合いが強く、堅い場面で用いる表現です。

また「頂く」「頂戴(する)」については、どちらも相手から何かをもらうことについて、お礼を述べるなどの場面で同じように用いることができますが、どちらかというと「頂戴(する)」のほうがより丁寧な印象を与えることができます。

「頂戴」を正しく使い分けましょう

以上、「頂戴」の意味と使い方や注意点、「賜る」「頂く」との違いについてまとめました。      

この言葉はいくつか意味がありますが、「もらう」の謙譲語として使用する場合には、「~を頂戴する」という形で用い、相手から何かをもらうことをへりくだっていう語です。

普段よく耳にする言葉であっても実は間違っているというのも良くあること。

言葉の本来の意味を理解した上で使うように心がけましょう。

また「頂く」という語もほとんど同じような使い方ができますが、「賜る」についてはより格式張った語となり、目上の人、身分の高い人などから何かをもらうことについて述べる場面で用いることができます。

それぞれ微妙にニュアンスが異なるため、用いる相手やその場面に応じて使い分けるようにしましょう。

Share: