言葉の意味

「画竜点睛」の意味・由来・使い方と類義語・対義語。国語科の教員がサクッと解説!

中国の古典が由来となった四字熟語に「画竜点睛」(読み:がりょうてんせい)というものがあります。
高等学校で使用される教科書にはその内容が載っていたりします。
しかし、世間ではあまり頻繁に用いられることのない言葉です。
そこで国語科の教員である私が、「画竜点睛」という四字熟語の由来・意味・使い方と、その類義語・対義語を説明したいと思います。

「画竜点睛」とは

image by iStockphoto

「画竜点睛」の由来

image by iStockphoto

「画竜点睛」という四字熟語は、中国古典『歴代名画記』に由来します。

中国六朝時代、張僧繇(ちょうそうよう)という絵の大家がいました。

彼は金陵(きんりょう)という都にあった安楽寺に四頭の竜を描きましたが、睛(瞳のこと)を描き入れると竜が飛び去ってしまうと言い、睛を描き入れませんでした。

人々は彼の発言を信用せず、二頭の竜に無理やり睛を描かせたところ、その二頭だけがたちまち天に昇ったというのです。

「画竜点睛」の意味

image by iStockphoto

「画竜点睛」の「睛」とは瞳のことですが、転じて、物事の大切なところという意味を持つようになり、結果として下記のような意味を持つ四字熟語となりました。

物事を完成するために、最後に加える大切な部分。また、肝心なところに手を入れて、全体をいっそう引き立てるたとえ。
(新明解四字熟語辞典・第二版・三省堂)

「画竜点睛」の使い方

image by iStockphoto

「画竜点睛」という四字熟語は、後ろに「~を欠く」という語をつけて用いられるのが一般的です。

この映画はストーリーも良いし全体的に悪くはないが、主演に女優が主人公のイメージに合わず画竜点睛を欠いている。

つまり、「画竜点睛を欠く」の形で、「最後の仕上げが不十分で、肝心なところが欠けているため精彩がないこと」を意味します。

「画竜点睛を欠く」の類義語その1「仏作って魂入れず」

image by iStockphoto

「画竜点睛を欠く」の類義語に「仏作って魂入れず」という言葉があります。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: