言葉の意味

「饒舌」の意味と使い方・例文・類義語・対義語は?日本文学専攻の現役ライターがサクッと解説!

「饒舌」の類義語

image by iStockphoto

1. 誰かを褒めたいときの言い換え表現

それでは、誰かが上手にスラスラと話していたり、非常に弁が立つ様子を褒めたい場合には、どのような言葉を使えばよいでしょうか。

雄弁(ゆうべん)

説得力をもって力強く話す様子を「雄弁」という言葉で表現することができます。

「彼は大勢の聴衆を前にしても、動じることなく雄弁に語った。」

ほかにも、相手の話しぶりを褒めたいのであれば、「話すのがお上手ですね」「人を引きつける話し方ですね」などと言い換えるとよいでしょう。

2. その他の「饒舌」の類義語

多弁(たべん)

単に「口数の多いこと」を表す言葉です。

「余分に多く話す」という意味の「饒舌」よりも、ニュートラルな表現と言えそうですね。

また、口数が非常に多いことを「饒舌多弁」という四字熟語で表すこともあります。

「饒舌」と「多弁」を重ねることで、さらに意味を強調しているのですね。

「彼は酒に酔うと多弁になるところがある。」

おしゃべり・口忠実(くちまめ)・口軽(くちがる)

いずれも、よくしゃべるというだけでなく、「口が軽い・すぐに人に言いふらす」といった意味を持つので、良い意味では使われません。

「饒舌」には口が軽いという意味は含まれないので、若干ニュアンスが異なるのがお分かりいただけるでしょうか。

ちなみに、「口軽」の反対語で「口重(くちおも)」という言葉もあります。

「彼女はおしゃべりだから、彼女に秘密を打ち明けたらあっという間に広まってしまうよ。」

「君はその口忠実なところが玉にきずだよ。」

「彼は口軽なので信用できない。」

次のページを読む
1 2 3
Share: