言葉の意味

「散見」の意味と使い方・例文・類義語・言い換え表現は?現役記者がサクッとわかりやすく解説!

「散見」と「ちらほら」が含む意味の大きな違いは、「散見」が多く、頻繁にといった意味を持つのに対し、「ちらほら」がわずかに、たまに、少しずつといった意味を持つことです。

しかし、どこまでが「ちらほら」でどこからが「散見」なのかは実際に区別はできません。そのため、「散見」を「ちらほら」で言い換えることは可能です。

たとえば上述した例文でいうと「商店街にはすでに閉店した店がちらほら見られる。」といったように言い換えることができます。しかし、やはり意味が異なっているようにも聞こえるので、「散見」を「ちらほら」で言い換える場合は注意が必要です。

「散見される」と「窺える」の違いは?

image by iStockphoto

それでは、「散見される」と「窺える」の違いを見ていきましょう。まず、「窺える」の例文を挙げます。

「周囲の態度から、上司の立場の強さが窺える」

「教室では、意欲的に学んでいる学生達の姿が窺える」

上記における1番目の例文から「散見される」と「窺える」を比較すると、「散見される」では、ある物事があちらこちらで実際に見聞きできると断定しているのに対し、「窺える」では、ある物事を推察できるとその断定は不確かです。

一方、2番目の例文では、「窺える」はあちらこちらという意味は含まれていないものの、ほぼ「散見される」と同じ意味を表しています。このように、「窺える」はある物事を見てとることができるという意味でも使えるため、この場合は「散見される」と言い換えることができるでしょう。

現在は「散見される」という使い方が一般的だが、本来は「散見する」と使う

以上、「散見」の意味と使い方、類義語、言い換え表現についてまとめました。

この言葉は「何かがあちこちで見えること」を表し、いろいろなところであることが目に留まることについて述べる場合に用いることができます。

一般的には「~が散見される」という使い方をされることが多くありますが、本来は自動詞として用いられ「(ある場所や範囲などに何かが)散見する」という使い方となるため、覚えておくと良いかもしれません。

類義語としては、「往々」「ちらほら」といった語がありますが、「往々」は何かがたびたび起こる様子「ちらほら」は何かがまばらにある様子(つまり、ある場所に間があいて何かがわずかにある様子や間を置いて何かが起こる様子)を表します。

また、「散見される」の類義語として「窺える」という語が挙げられますが、「窺える」は、部分から全体を推察できる、感じ取ることができるという意味のほか、ある物事を見てとることができるという意味もあり、後者の場合のみ「散見される」で言い換えることが可能です。

これらの語は微妙にニュアンスが異なりますが、場合によってはそれぞれ置き換えて使うこともできるので、状況に応じてうまく使い分けると良いでしょう。

1 2 3
Share: