言葉の意味

「気概」の意味と使い方・例文・類義語・言い換え表現は?現役記者がサクッと解説!

「気概」(読み方:「きがい」)という言葉は、「気概に溢れる」「気概がある」などの形でよく用いられています。

ビジネスの場面を含め比較的よく用いられる言葉ではありますが、具体的にどのようなことを表すのか、また「気迫」「気骨」「意欲」「意気込み」といった近い意味がある語とはどのような違いがあるのか、中には疑問を抱くことがあるかもしれません。

そこで、ここでは「気概」の意味と使い方、また類義語や言い換え表現について、科学・技術系記事の執筆を中心に活躍する筆者が説明していきます。

「気概」の意味と使い方・例文

image by iStockphoto

それでは、始めに「気概」の意味と使い方を見ていきましょう。

「気概」の意味は?

まず、「気概」には「困難に屈しない強い意志」という意味があり、「難しい、苦しい状況にあってもそれに負けずに何かを行おうとする強い意志」を表す語となっています。

また「気概」は、「気持ち、心のはたらき」を表す「気」と、「その人の表面に現れた風格や気迫」を表す「概」から構成された熟語です。

そして、これらの意味から「風格や気迫として表出した気持ち」、つまり「何か確固とした意志」となり、「気概」の意味として成り立ったのではないかと考えられます。

「気概」の使い方は?

次に、「気概」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いることができます。

「彼には必ず事業を成し遂げるという気概がある」

「意地でもやってやるという気概がなくてはならない」

「今時の若者は気概に乏しく何でもやる前からすぐに諦める」

「彼は司法試験に合格し、将来は弁護士になるという気概に溢れていた」

「その時の彼には、リスクを伴ってまで転職をするだけの気概はなかった」

「ビジネスで成功しようと思うなら、海外に挑戦しようという気概を示すことが必要だ」

「どの部署の上司たちも、今年は気概に富んだ新入社員がいないと嘆いていた」

「気概」の類義語は?

image by iStockphoto

次に「有用」の類義語について見ていきましょう。まず、「有用」と似た意味のある語には、たとえば以下のようなものが挙げられます

「気迫」:物事に立ち向かっていく強い気持ち。

「気骨」:信念を貫こうと何かしようとする強い心。

「意欲」:進んで何かをやろうとする意志。

「意気込み」:積極的に何かをやろうとする気持ち。

「気概」と「気迫」「気骨」「意欲」「意気込み」の違いは?

次は、「気概」が「気迫」「気骨」「意欲」「意気込み」とどのように違うのか見ていきましょう。これらの語の使い方を比較すると以下のようになります。

次のページを読む
1 2
Share: