言葉の意味

「既知」の意味と使い方・例文・「周知」「関知」「熟知」「承知」との違い・対義語は?現役記者がサクッと解説!

「既知」(読み方:「きち」)という言葉は、「既知の事実」「既知の知識」などの形でよく用いられています。

とはいえ、それほど日常的に頻繁に用いる語ではなく、具体的にどのようなことを表すのか、また近い意味のある「周知」「関知」「熟知」「承知」と比べてどのような違いがあるのか、中には疑問に思うこともあるかもしれません。

そこで、ここでは「既知」の意味と使い方、また「周知」「関知」「熟知」「承知」との違いや対義語について、科学・技術系記事の執筆を中心に活躍する筆者が解説していきます。

「既知」の意味と使い方・例文

image by iStockphoto

それでは、始めに「既知」の意味と使い方を見ていきましょう。

「既知」の意味は?

まず、「既知」には「すでに知られていること、知っていること」という意味があり、「それよりも前の時点で知られていることや知っていること」を表す語となっています。

また、「既知」は「すでに」を意味する「既」と「知る」を意味する「知」から構成されており、「既」が「知」を修飾する形で成り立っている熟語です。

「既知」の使い方は?

次に、「既知」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いることができます。

「参加したセミナーのプログラムには、思いの外既知の情報が多かった」

「中級者向けとあったから購入したが、その本の内容は既知のものが多く物足りなさを感じた」

「今日集めたメンバーは皆既知の間柄だ」

「既知の情報と新たな知識を結びつけて新しいアイディアを捻出する」

「その自然数に関する問いは数学では既知の問題だ」

「物理学者は電気について既知とされない知見もあると考えている」

「欧州人たちはアメリカへ渡り、現在は既知とされる土地や遺跡を次々と発見し、世界を広げていった」

「科学者は実験で観察された現象を必ずしも既知ではないと考えている」

このように「既知」は、「既知の~」「既知とする」「既知である」といった形で使用します。

「既知」と「周知」「関知」「熟知」「承知」との違いは?

image by iStockphoto

次は、「既知」と似た意味を表す「周知」「関知」「熟知」「承知」という語との違いについて見ていきましょう。これらの語の意味は以下とされています。

「周知」:広く知られていること、広く知らせること。

「関知」:あることに関係し、その事情について知っていること。

「熟知」:細かなところまでよく知っていること。

「承知」:事情などを知っていること。

そして、これらの語と「既知」の使い方を比較すると以下のようになります。

次のページを読む
1 2
Share: