言葉の意味

「暫定」の意味と使い方・「決定」「未定」との違い・類義語は?現役記者がサクッとわかりやすく解説!

「決定」:「あなたの仕事はあなた自身で決定することが大切です」(あなたの仕事はあなた自身ではっきりと決めることが大切です)

「未定」:「情報系の仕事に転職する予定ですが、具体的な職場は未定です」(情報系の仕事に転職する予定ですが、具体的な職場はまだ決まっていません)

「暫定」:「その行事は暫定的に延期となった」(その行事は正式に日程が決まるまでの間延期されることになった)

つまり、「決定」は「物事をはっきりと決めること」、「未定」は「物事が未だ決まっていないこと」、「暫定」は「正式に決まるまでの間、仮の判断として物事を決めること」を表すといった違いがあります。

「暫定」の類義語は?

image by iStockphoto

それでは、次に「暫定」の類義語・類語である「臨時」「仮」「一時的」について見ていきましょう。

まず、これらの語の意味は以下のようになります。

「臨時」:その時々の状況や必要に応じて行うこと、その場限り。

「仮」:急場しのぎで正式のものでないこと。

「一時的」:その場限り、しばらくの間であるさま。

「臨時」の使い方は?「暫定」との違いは?

それでは、次に「臨時」の使い方と、「暫定」との違いについて見ていきましょう。

この語はたとえば以下のような使い方があります。

「申し訳ありませんが、当店は本日臨時休業といたします」

「今月は保険料が還付されたので、臨時の収入を得ることができた」

「本日は、諸事情により臨時休業いたします」

このように、「臨時」は「その時に応じて何かをすること、何かがあること」を表し、一時的とは言えども「決定すること」の意味を含む「暫定」とはニュアンスが異なります

\次のページで「「仮」の使い方は?「暫定」との違いは?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: