言葉の意味

「情景」の意味と使い方・例文・「光景」「景色」「風景」「景観」との違いは?現役記者がサクッと解説!

「情景」(読み方:「じょうけい」)という言葉は、「~の情景」などの形でよく用いられています。

概ね意味は分かる、もしくは想像が付くという人が多いかと思いますが、具体的にこの言葉はどのようなことを表すのか、また近い意味のある「光景」「景色」「風景」「景観」とはどのような違いがあるのか疑問に思うこともあるかもしれません。

そこで、ここでは「情景」の意味と使い方、また「光景」「景色」「風景」「景観」と比較しながらそれぞれの違いについて、科学・技術系記事の執筆を中心に活躍する筆者が解説していきます。

「情景」の意味と使い方・「光景」「景色」「風景」「景観」との違い

image by iStockphoto

それでは、始めに「情景」の意味と使い方を説明していきます。

「情景」はまた、「状景」とも書くことができます。

「情景」の意味は?

まず、「情景」には「心にある感情を生じさせる風景や場面」という意味があり、「心を通じて感じ取る景色、心に何かを感じさせる風景や場面」を表す語となっています。

また、「情景」は「心、気持ち」「有り様」を意味する「情」と「有り様、景色」を意味する「景」から構成されており、「心動かす景色」というように成り立っているとも、似た意味の漢字を重ねることで成り立っているとも考えられる熟語です。

「情景」の使い方は?

次に、「情景」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いることができます。

「買い物の途中に商店街で母娘の微笑ましい情景を目にする」

「その感動的な情景に涙をこらえることができなかった」

「彼が描く歴史的な情景描写は臨場感に溢れていた」

「休日の公園を散歩していると、親子連れの和やかな情景を目にすることが多い」

「無邪気に今その時を楽しんでいた、まだ幼い時分の情景が目に浮かんだ」

「その作品には、庶民の生き生きとした情景が描写されている」

「犬が子どもにじゃれるほのぼのとした情景が目に留まる」

「目を閉じ、歌声を耳にするだけで情景が浮かんだ」

「その歌詞は都会的なセンスに溢れ、情景が目に浮かぶようだった」

「彼女が猫の役を演じている情景を想像しただけで思わず笑いがこみ上げた」

このように、「情景」は「~な情景」「~の情景」「~とした情景」「情景が~する」「情景を~する」といった形で用いられます。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: