言葉の意味

「喧騒」の意味と使い方・例文・「雑踏」との違い・類義語・対義語は?現役記者がサクッと解説!

「喧騒」(読み方:「けんそう」)という言葉は、「都会の喧騒」「喧騒に包まれる」などの形でよく用いられています。

この言葉がどのようなことを表しているか概ね意味は分かっているという人が多いかと思いますが、中には近い意味のある「雑踏」という語とはどのような違いがあるのかと疑問が生じることもあるかもしれません。

そこで、ここでは「喧騒」の意味と使い方、また「雑踏」との違い、そして類義語である「騒音」や対義語である「静寂」や「閑静」について、科学・技術系記事の執筆を中心に活躍する筆者が解説していきます。

「喧騒」の意味と使い方・例文・「雑踏」との違い

image by iStockphoto

それでは、始めに「喧騒」の意味と使い方、また「雑踏」との違いを見ていきます。

「喧騒」の意味は?

まず、「喧騒」には「人の声や物音がやかましいこと」という意味があり、「大きな音や声が入り混じって騒がしい様子」を表します。

ちなみに「喧騒」は「喧噪」または「諠譟」とも書き、どちらも同じ意味を表します。

また、「喧騒」は「さわがしい」ことを意味する「喧」と「さわがしい」ことと同じ意味持つ「騒」という漢字を重ねて成り立った熟語です。

「喧騒」の使い方は?

次に、「喧騒」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いることができます。

「週末にリゾートホテルに泊まり、都会での喧騒を忘れて贅沢なひとときを過ごす」

「多くの飲食店や商店が連なり喧騒を極めるその街は活気に溢れていた」

「花火大会の会場にたどり着くと、辺り一帯はどよめきや喧噪で溢れていた」

「居酒屋に足を踏み入れた途端、店内の熱気と喧騒に包まれた」

「繁華街に響く人ごみの喧騒に思わずたじろぎながら、その雑踏に足を踏み入れた」

「都市の喧騒の中では、何故か人間はより孤独感を感じるようだ」

「人の声や自動車の音で騒がしい喧騒な市街を抜けると、小鳥のさえずりと波の音だけが聞こえる砂浜が現れた」

「喧騒」と「雑踏」の違いは?

それでは、次に似た意味を表す「雑踏」という語との違いについて見ていきましょう。

まず、「雑踏」には「大勢の人で混み合うこと」といった意味があり、この語と「喧騒」の使い方を比較すると以下のようになります。

「雑踏」:「テーマパークは家族で休暇を楽しむ人たちで雑踏していた」(テーマパークは家族で休暇を楽しむ大勢の人たちで混み合っていた)

「喧騒」:「都会の喧騒を離れて郊外で休暇を過ごす」(都会の騒がしさから離れて郊外で休暇を過ごす)

次のページを読む
1 2 3
Share: