言葉の意味

「関心」の意味と使い方・例文・「感心」「意欲」との違い・類義語は?現役記者がサクッとわかりやすく解説!

つまり、「感心」は「行為や物事に心を動かされ、感動すること」「意欲」は「何かを積極的にしようとする意思」「関心」は「何かに心を引かれ、それに対して注意を払ったり気にかけたりすること」を表すというニュアンスの違いがあります。

「関心」の類義語は?

image by iStockphoto

それでは、次に「関心」の類義語である「興味」「留意」について見ていきましょう。

「関心」と「興味」の違いは?

まず、「興味」には「面白いと感じて心が引かれること」といった意味があり、「関心」と使い方を比較すると以下のようになります。

「興味」:「彼女は最近陶芸に興味を持ち始めて陶芸教室に通うことを考えている」(彼女は最近陶芸を面白いと感じ始めて陶芸教室に通うことを考えている)

「関心」:「学生がスポーツに関心を持つことは心身を鍛えることにつながるとして推奨されている」(学生がスポーツに心を引かれて注目することは心身を鍛えることにつながるとして推奨されている)

このように、「興味」は、「関心」の意味にはない「面白いと感じて」という意味を含むと同時に、「注目すること」といった「関心」の意味に含まれる何かに関係していくという意味を含みません。

「関心」と「留意」の違いは?

そして、「留意」には「ある物事に心を留めること、気を配ること」といった意味があり、「関心」と使い方を比較すると以下のようになります。

\次のページで「「関心」は「感心」「意欲」とは明確な違いがあり、「興味」「留意」とは微妙な違いがある」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: