言葉の意味

「希薄」の意味と使い方・例文・類義語・対義語・言い換え表現は?現役記者がサクッとわかりやすく解説!

「その地域は人口が希薄になりつつある」

「その地域は人口がまばらになりつつある」

「その地域は人口が空疎になりつつある」

「彼はまだ若いのに仕事に対する熱意が希薄だ」

「彼はまだ若いのに仕事に対する熱意が乏しい」

「彼はまだ若いのに仕事に対する熱意が欠けている」

「彼はまだ若いのに仕事に対する熱意が薄弱だ」

このように「希薄」の意味は広く、言い換える場合は文脈に応じて「薄い」「乏しい」「欠けている」「少ない」「まばら」を使い分ける必要があります。

「希薄」には類義語として「薄弱」「空疎」、対義語として「濃密」「濃厚」がある

以上、「希薄」の意味と使い方、類義語や対義語、言い換え表現についてまとめました。

「希薄」は「液体や気体などの濃度が薄いこと」「乏しいこと、欠けること」という意味があり、「液体や気体などに含まれる成分の濃さが薄いこと」、「気持ちや意欲、積極的な意思などが薄いこと」を表します。

また、「希薄」には「薄弱」や「空疎」といった類義語があり、「薄弱」は「意志や体力などが弱いこと」。そして、「空疎」は「形だけで、内容がなく貧弱なこと」といった意味を持ちます。

一方、対義語としては「濃密」と「濃厚」があり、「濃密」は「密度が濃いこと」のほか「色合いや味わいが濃いこと」。そして、「濃厚」は「味・色・匂い・成分などが濃いさま」を意味しています。

そして、「希薄」は「薄い」「乏しい」「欠けている」などさまざまな言葉で言い換えることができますが、使う場面によってそれぞれ相応しいものを使い分けていくことが必要です。

1 2 3 4
Share: