言葉の意味

「対比」の意味と使い方・例文・「比較」「類比」「対照」との違いは?現役記者がサクッと解説!

「対比」(読み方:「たいひ」)という言葉は、「~を対比する」といった形でよく用いられています。

概ね意味は分かっていても、具体的にこの言葉はどのような場面で用いるのか、また「比較」「類比」「対照」といった同じような意味のある語とはどのような違いがあるのか、疑問に思うこともあるかもしれません。

そこで、ここでは「対比」の意味と使い方、また「比較」「類比」「対照」との違いについて、科学・技術系記事の執筆を中心に活躍する筆者が解説していきます。

「対比」の意味と使い方・例文

image by iStockphoto

それでは、始めに「対比」の意味と使い方を説明していきます。

「対比」の意味は?

まず、「対比」には以下の複数の意味があります。

1. 二つのものを照らし合わせて相違や特性を明確にすること。

2. 二つのものを並べた時にその違いが強調されること。

つまり、「二つのものを比べてそれぞれの性質や違いをはっきりさせること」や「二つの性質・量などが違うものを並べると、その違いが著しくなる現象」を表します。

また、「対比」は、「つい、そろい」などを意味する「対」と「くらべる」を意味する「比」から構成されており、前の漢字が後の漢字の目的語となるように成り立っている熟語です。

「対比」の使い方は?

次に、「対比」使い方を例文を使って見ていきましょう。

この言葉は、たとえば以下のように用いることができます。

「先週とその前週のトラフィックを対比する」

「この2つの製品を対比してみると、それぞれの特徴がより鮮明になる」

「散村は集村と対比して語られることが多いが、世界的に広く見られる集落形態である」

「和や大和は古くから日本を示す言葉で、漢や洋など外国からの事物に対比して使われる」

「ユーザ自身が部品を調達して組み立てたパソコンは、電機メーカーなどが販売する組み立て済みのパソコン、メーカーブランドのパソコンと対比する意味で自作パソコンと呼ばれる」

「晴れた青空と木々の緑が鮮やかな対比をなしている」

「白で統一された街並みと鮮やかな青空が見事な対比をなしている」

「新製品の売れ行きが好調で今月の売上は前年対比で3倍となっている」

「理性は伝統的に、感覚、感情・情動、情念等と対比的に用いられてきた」

「ビジネスとして全く異なる製造業とサービス業の生産性を対比したところで意味は感じられない」

このように、「対比」は、「~を対比する」「対比して~する」「対比する~」「対比をなす」「~対比」といった形で用いられ、また「対比的」「対比染色」などの慣用句があります。

「対比」の類義語は?

image by iStockphoto

それでは、次は「対比」の類義語・類語である「比較」「類比」「対照」について見ていきましょう。

まず、これらの語の意味は以下のようになります。

「比較」:二つ以上のものを比べ合わせてその相違について考えること。

「類比」:(同種のものを)比べ合わせること。似ている点から他の事を推しはかること、類推。

「対照」:照らし合わせること、対比。対立する二つの物事の違いが際立つこと、コントラスト。

「比較」の使い方は?「対比」との違いは?

それでは、次に「比較」の使い方と、「対比」との違いについて見ていきましょう。

この語はたとえば以下のような使い方があります。

「複数の業者から見積もりを取り寄せて比較検討する」

「周囲の建物や道路施設等の構造物と比較すると敷地の広さがよくわかる」

「現在の学生に比較して昔の学生時代は何かと規律に縛られていた」

「その売上のグラフを去年のものと比較すると上昇率が低下していることがよく分かる」

このように、「比較」は「二つ以上のもの」を比べてその違いについて考えることを意味するため、「二つのもの」を比べる「対比」とはこの点で異なります。

「類比」の使い方は?「対比」との違いは?

それでは、次に「類比」の使い方と、「対比」との違いについて見ていきましょう。

この語はたとえば以下のような使い方があります。

「欧米人と日本人の睡眠時間を類比する」

「この犯人の手口を類比すると、現在報道されている事件の手口と似通っているのではないか」

「ユングは集合的無意識を人類の歴史における心的な遺産の貯蔵庫であるとも見なし、人類の進化と類比的に、進化において蓄積され発展し、構成されて来たものとした」

「進化経済学は、生物学との類比で生まれた学問である」

このように、「類比」は「同じ種類のものを比べること」という意味で「対比」と類義語ですが、「対比」は必ずしも似たものを比べず、また「その違いをはっきりとさせること」を含意するという2点の違いがあります。

「対照」の使い方は?「対比」との違いは?

image by iStockphoto

それでは、次に「対照」の使い方と、「対比」との違いについて見ていきましょう。

この語はたとえば以下のような使い方があります。

「彼は自分の小柄な体と対照すればものすごく巨大な牛を育て上げたのだ」

「指紋を対照する手法により、逮捕率が上昇した」

「赤と緑の補色を使った配色が強い対照をなしている」

「この並び立つ二つの像には、対照の美と呼ぶべきものが感じられる」

このように、「対照」は「照らし合わせること」という意味で「対比」とほぼ同じ意味を持っています。しかし、「対比」は、「その違いをはっきりさせること」を含意するため、「対照」とは微妙にニュアンスが異なるでしょう。

一方、「対照」の「二つの物事の違いが際立つこと」という意味では、「対比」は二つのものを並べた時にその違いがより目立って感じられることを表しますが、「対照」は正反対の性質があるものなど違いがより際立つ場合に用いるというニュアンスの違いがあります。

「対比」は「比較」「類比」「対照」と比べる対象や比べ方に違いがある

以上、「対比」の意味と使い方、「比較」「類比」「対照」との違いについてまとめました。

この言葉は、「2つのものを比べてその違いをはっきりさせること」「異なるものを並べてその違いが目立つこと」を表します。

また、「比較」は「二つ以上のものを比べること」、「類比」は「同種のものを比べること」。そして、「対照」は「照らし合わせること」「二つの物事の違いが際立つこと」を表し、それぞれ比べる対象や比べ方に微妙な違いがあるため、意識して使い分けるようにすると良さそうです。

Share: