言葉の意味

「傍ら」の意味と使い方・例文・「そば」「わき」「はし」「がてら」との違いは?現役記者がサクッと解説!

「傍ら」(読み方:「かたわら」)という言葉は、「~する傍ら」「~の傍らで」などの形でよく用いられています。

この言葉には「距離的な近さ」や「何かをしながら」といった複数の意味がありますが、具体的にどのよう場面で用いることができるのか、また似た意味のある「そば」「わき」「はし」「がてら」という語とはどのような違いがあるのか、疑問に思うことがあるかもしれません。

そこで、ここでは「傍ら」の意味と使い方、また類義語である「そば」「わき」「はし」「がてら」について、科学・技術系記事の執筆を中心に活躍する筆者が解説していきます。

「傍ら」の意味と使い方・例文

image by iStockphoto

それでは、始めに「傍ら」の意味と使い方を説明していきます。

また、「傍ら」は同じ読み方で「旁」や「側」と書くこともあります。

「傍ら」の意味は?

まず、「傍ら」には以下のような意味があります。

1. すぐ近く

2. 端に寄ったところ

3. ~しながら、~する一方で

出典:明鏡国語辞典(発行所 株式会社大修館書店)「傍ら」

つまり、「何かの物事のすぐ近く前後ではなく左右、つまり横にあるものに対していう)」「(道などの)外側へ寄ったところ」「何かと並行して」といったことを表す語となっています。

「傍ら」の使い方は?

次に、「傍ら」の使い方を例文を使って見ていきましょう。

この言葉は、たとえば以下のように用いることができます。

「通勤途中で具合が悪くなり、道の傍らでしばし休む」

「その料亭は母屋の傍らに日本庭園を眺められる離れ座敷がある」

「仕事の傍ら資格取得のための勉強をする」

「仕事の傍ら転職活動をする」

「傍らの部下に話しかける」

「彼はプロ野球を引退後、アマチュアチームを指導する傍ら、テレビ解説者も務めている」

「彼は近代的な建設物や個人住宅の壁塗りを行う傍ら、日本の伝統な土蔵から茶室等の壁塗りも行っている」

「彼女は芸術大学で映画の作り方や芝居を学ぶ傍ら、モデルの仕事も始めた」

「帰宅途中の道で旧友を見かけたが、彼はこちらには気付かないまま傍らを通り過ぎた」

「入院している母のところへ行き、半日あまりを傍らで過ごした」

次のページを読む
1 2 3 4
Share: