言葉の意味

「息を呑む」の意味と使い方・例文・類似表現は?現役記者がサクッと解説!

「息を呑む」(読み方:「いきをのむ」)という言葉は、「息を呑む美しさ」「思わず息を呑む」などの形で用いられています。

これといって使い方が難しい語ではありませんが、この言葉は具体的にどのような意味がありどのような場面で用いるのか、また似た意味である「言葉を失う」「絶句」「唖然」とはどのような違いがあるのか疑問に思うこともあるかもしれません。

そこで、ここではこの言葉の意味と使い方、また「言葉を失う」「絶句」「唖然」との違いについて、科学・技術系記事の執筆を中心に活躍する筆者が解説していきます。

「息を呑む」の意味と使い方・例文

image by iStockphoto

それでは、始めに「息を呑む」の意味と使い方について説明していきます。

「息を呑む」の意味は?

まず、「息を呑む」には「驚いて息を止める」という意味があり、「何かに驚いたり恐れたりして一瞬息を止める」ことを表します。

なお、「息を飲む」という表記は誤りとなります。

「息を呑む」の使い方は?

次に、「息を呑む」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いることができます。

「普段冷静さを保っている彼が会議で喧嘩腰の発言をした時、周囲ははっと息を呑んだ」

「歩道で遊んでいた子供の急な飛び出しにあっと息を呑んだ」

「彼女の洗練された身のこなしに思わず息を呑んだ」

「山頂からの景色は思わず息を呑むような絶景だった」

「遠方に見える黒船に男は息を呑む思いであった」

「二人が息を呑む気配を見せたのは、彼の傷跡を垣間見たからだろうか」

「その展望台から見る夜景の美しさに息を呑む」

「ピアノの発表会での自身の出番を直前に控え、私は緊張に息を呑んだ」

このように、「息を呑む」には「~と息を呑む」「息を呑む~」「~に息を呑む」といった用法があります。

「息を呑む」の類似表現は?

image by iStockphoto

ではここからは、「息を呑む」と似た意味のある「言葉を失う」「絶句」「唖然」という表現について見ていきます。

次のページを読む
1 2 3
Share: