言葉の意味

「変革」の意味と使い方・例文・類義語は?現役記者がサクッと解説!

「改変」の意味と使い方は?「変革」との違いは?

image by iStockphoto

「改変」は「物事の内容を変えて違ったものにすること」を表し、たとえば以下のように用いることができます。

「海賊版の横行により、改変されたソフトウェアが市場に溢れた」

「教育改革とは、教育の制度・内容・方法などを大きく改変することだ」

「改変は極めて少なく、原作に忠実にしようとしていた作品だ」

「本作品の内容 を無断で改変、改ざん等を行うことを禁止します」

このように、「改変」は単に「物事の内容を変えて違うものにする」ことを表し、物事自体を変えて新しくしてしまう「変革」とはニュアンスが異なります。

「変革」は根本から変える、「改革」はより良くする、「革新」は新しくする、「改変」は単に変える

以上、「変革」の意味と使い方、また類義語である「改革」「革新」「改変」についてまとめました。

この言葉は、「物事を根本から新しく変えること」を表し、元からあるものを取り去って新しいものに変えることを述べる場合などに用いられます。

「改革」「革新」という語についても、「改める、新しくする」という意味の「革」という字が共通していて近い意味がありますが、それぞれ「現状をより良く変えること」「古いものを改めて新しくすること」といった違いがあるため、適切に使い分けることが必要です。

一方、「改変」は単に「物事の内容を変えて違うものにする」ことを表し、「改革」「革新」「改変」それぞれの「根本から変える」「より良く改める」「新しくする」といった意味とはニュアンスが異なります。

このように、これらの語はそれぞれ微妙にニュアンスが違い、異なる場面で用いることができるため、場面に応じて適切に使い分けると良いでしょう。

1 2 3
Share: