言葉の意味

「変革」の意味と使い方・例文・類義語は?現役記者がサクッと解説!

「改革」の意味と使い方は?「変革」との違いは?

「改革」は「(旧来からの制度・組織などを)改め変えること」を表し、たとえば以下のように用いることができます。

「離職率を下げることを目標に組織風土の改革を進めた」

「女性の職業進出は、今日の社会制度を改革しない限りは初めから無理な相談である」

「戦後は行政改革のための町村合併の動きが始まった」

「その公園は、享保の改革の一環として徳川吉宗が整備・造成を行った」

「改革」は「もともとあるものの悪いところを良いものに変えること」を表すため、「変革」のような元からあるものを取り去って新しいものに置き換えてしまうといった意味はありません。

「革新」の意味と使い方は?「変革」との違いは?

「革新」は「(古い習慣・制度・組織・方法などを)改めて新しくすること」を表し、たとえば以下のように用いることができます。

「急速な情報通信技術の革新により、情報通信機器の普及や関連市場の拡大が進んでいる」

「技術革新で各種記録メディアの小型化・高密度化なども進んだ」

「この政治革新は、民衆が気づかぬ間に成し遂げられたと言われている」

「明治の初期における社会の革新は、日本の歴史史上未曾有のものであった」

「革新」は「古くからの制度などを改めて新しくすること」表すため、その意味は「変革」と極めて似通っていますが、これらの語の字面から「革新」は「新しくすること」を、「変革」は「変えること」を強調した意味であると考えられるでしょう。

次のページを読む
1 2 3
Share: