言葉の意味

「変革」の意味と使い方・例文・類義語は?現役記者がサクッと解説!

「変革」(読み方:「へんかく」)という言葉は、「~を変革する」「~に変革をもたらす」などの形で用いられています。

概ね意味は分かるという人がほとんどかとは思いますが、具体的にこの言葉はどのようなことを表すのか、また似た意味のある「改革」「革新」「改変」とはどのような違いがあるのか疑問に思うこともあるかもしれません。

そこで、ここでは「変革」の意味と使い方、また類義語である「改革」「革新」「改変」との違いについて、科学・技術系記事の執筆を中心に活躍する筆者が解説していきます。

「変革」の意味と使い方・例文

image by iStockphoto

それでは、始めに「変革」の意味と使い方を見ていきましょう。

「変革」の意味は?

まず、「変革」には「物事を根本から変えて新しくすること」という意味があり、「社会・制度など、何かを大もとの部分から変えて新しくすること」を表します。

また、「変革」は「変える」を意味する「変」と「改める」「新しくする」を意味する「革」から構成されており、似た意味を持つ漢字を重ねて成り立っている熟語です。

「変革」の使い方は?

次に、「変革」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いることができます。

「その政党は政治体制を変革することを目標としている」

「人類は新しい環境によって生活様式を変革していかなければならなかった」

「停滞した営業成績を上げていくためには意識の変革が必要だ」

「人材不足を解消するために組織の大変革に踏み切る」

「綿産業の発展によって起こった産業構造の変革を産業革命という」

「需要の減少で業界全体が低迷していることからみても大変革を試みる必要がある」

「会計ソフトの普及は、中小企業や個人事業主の会計業務に変革をもたらした」

「ソフトウェア業界はこれから大変革期を迎えようとしている」

「生活保守主義の人々は、消費社会に満足して社会変革を望まない」

「常に新しい時代に対応できるように情報収集と知識の研鑽、そして自己変革を促した」

このように、「変革」は「~を変革する」「~の変革」「変革を~する」といった用法があり、「社会変革」「体制変革」「自己変革」、つまり「~変革」という形でも用いられます。

「変革」の類義語は?

image by iStockphoto

それでは次は、「変革」の類義語・類語である「改革」「革新」「改変」について見ていきましょう。

次のページを読む
1 2 3
Share: