言葉の意味

「網羅」の意味と使い方・例文・「把握」「含有」「包含」との違いは?現役記者がサクッと解説!

「網羅」(読み方:「もうら」)という言葉は、「~を網羅する」「網羅して~する」といった形でよく用いられています。

では、この言葉には具体的にどのような意味があるのか、また、まれに意味を混同されることがある「把握」「含有」「包含」という語とはとのように違うのか、疑問に思うこともあるかも知れません。

そこで、この語の基本的な意味と使い方、また「把握」「含有」「包含」との違いについて、科学・技術系記事の執筆を中心に活躍する筆者が解説していきます。

「網羅」の意味と使い方・例文

image by iStockphoto

それでは、始めに「網羅」の意味と使い方を説明していきます。

「網羅」の意味は?

まず、「網羅」には「残らず集め収めること、余さず取り入れること」という意味があり、「ある事柄について考えられるすべてのものを集めること」を表します。

ちなみに、「網」という漢字は「魚をとる網」、「羅」という漢字は「鳥をとる羅(あみ)」に由来しており、「網羅」は獲物を余さず捕まえることができる2つの「あみ」という語を重ねることで構成されている熟語です。

「網羅」の使い方は?

次に、「網羅」の使い方を例文を使って見ていきましょう。

この言葉は、たとえば以下のように用いることができます。

「この本はビジネスで使う敬語表現を網羅している」

「このリストは近代文学のあらゆる作品を網羅して掲載している」

「そのサイトは全国にある大学の偏差値を網羅している」

「この本では現在のルールに即した会計知識を網羅的に解説しています」

「カーナビゲーションは、現在位置から目的地までの経路を網羅的に探索して、最適経路を導き出す」

「マドリードの地下鉄は市内をほぼ網羅しており、市民、また観光客の足として活躍している」

「今回発売されたCDアルバムは、現在まで発表されたシングル収録曲を全て網羅している」

「最近の路線情報サイトでは、簡単に通勤経路を網羅して表示してくれる」

「日本の公共図書館におけるオンライン蔵書目録は一般誌の記事索引としてその網羅性が高い」

なお、「網羅的」は「広範囲にわたること」を表します。

「網羅」と混同しやすい語は?

image by iStockphoto

それでは、次は「網羅」とまれに混同される「把握」「含有」「包含」について見ていきましょう。

まず、これらの語は以下の意味を持っています。

「把握」:しっかりと理解すること

「含有」:成分などとしてその中に含んでいること

「包含」:包み含んでいること

次のページを読む
1 2 3
Share: