言葉の意味

「波紋」の意味と使い方・例文・主な表現・言い換え表現は?現役記者がサクッと解説!

「波紋を呼ぶ」の言い換え表現は?

また、上記の例文「重要会議にも参加していた人物による告発は内外に波紋を呼んだ」であれば以下のように言い換えることができます。

「重要会議にも参加していた人物による告発は内外に衝撃を与えた」

「重要会議にも参加していた人物による告発は内外を賑わせた」

「重要会議にも参加していた人物による告発は内外の騒動となった」

「波紋を投ずる(投げる)」の意味と使い方は?

image by iStockphoto

「波紋を投ずる(波紋を投げる)」は、「何もないところを波立たせる、事を起こす、問題を提起する」という意味で、以下のように用いられます。

「先日放送されたその特集番組は視聴者に波紋を投じた」

「その添加物の危険性についての特集記事は読者に波紋を投じた」

「彼は後世に様々な波紋を投げかける数々の業績となる成果を、ここでの研究活動によって成し遂とげた」

「その議論は、発表当時は波紋を投げかけたものとなったが、通説を覆したり長く論争になったりすることはなかった」

「波紋を投ずる(投げる)」の言い換え表現は?

また、上記の例文「先日放送されたその特集番組は視聴者に波紋を投じた」であれば以下のように言い換えることができます。

「先日放送されたその特集番組は視聴者に議論を引き起こした」

「先日放送されたその特集番組は視聴者に物議を醸した」

「先日放送されたその特集番組は視聴者に一石を投じた」

次のページを読む
1 2 3 4
Share: