言葉の意味

「代替」の読み方・意味と使い方・例文・「代用」「振替」との違いは?現役記者がサクッとわかりやすく解説!

「予定していた日に急用が入ったため、別の日にレッスンを振り替えた」

「うちの職場では、祝日法に定める振替休日は無視されている」

「振替輸送は、交通機関が不通もしくは減便になった場合に行われる利用者補償措置のことである」

「行事の関係で日曜日に出校日や休日出勤だった場合は、振替休業となります」

このように、「振替」は不都合が起きたときや何らかの都合によって「(臨時にもしくは一時的に)他のものと入れ替えること」を表す一方、「代替」には「交換」といったニュアンスは含まれません。

「代替」は本来「だいがえ」でなく「だいたい」と読み、「別のものに代える」ことを意味する

以上、「代替」の意味と使い方、「代用」「振替」との違いについてまとめました。

この言葉は「だいたい」と読みますが、一般に「だいがえ」と読まれることも多くあります。大抵の場合はどちらの読み方でも使用することは可能と思われますが、本来の読み方を覚えておいてどちらでも使用できるようにしておくと、どんな場面でも困ることはないでしょう。

また、意味としては「(何かに不都合が生じた時に)別のものに代える」といったところから、「代用」「振替」と近いものがあります。

しかし、「代用」は「(本来のものよりは適切ではない他のものを使うこと」、「振替」は「(臨時に、または一時的に他のものと入れ替えること」と、それぞれ違ったニュアンスがあるため場面によって適切に使い分けると良いでしょう。

1 2 3
Share:

Leave a reply