言葉の意味

「羨望」の意味と使い方・例文・類義語・対義語は?現役のブロガーがサクッとわかりやすく解説!

「作業中に事故が発生した、同業者の妬みが原因だろう」


「彼女と親しげに話している彼が妬ましく、不幸が振りかかることを願った」


「美人の彼女がいる彼に妬みから、きつくあたってしまった」

「羨望」の対義語3:嫉み

「嫉み」:他者をうらやましく思い、憎らしいという感情のこと。

「彼女と親しげに話している彼を嫉み、やけ酒を呷った」

「同僚の彼がどんどん出世していくさまを見て嫉みを感じた」

「彼が社長賞を授与されたことを嫉み、仕事に対するやる気をなくしていた」

「妬み」と「嫉み」はほとんど同じ意味を持っていますが、矛先が他人なのか自分かどうかで判断することができますよ。

「妬み」は、腹立たしいという感情が強く他人に矛先が向きますが、「嫉み」は憎らしいという感情が強いため自分自身に対して矛先が向きます。

このため他者に矛先が向くのであれば「妬み」自分に矛先が向く場合には「嫉み」というように覚えると分かりやすいでしょう。

「羨望」を上手く使いこなそう

以上、「羨望」の意味と使い方についてまとめました。

この言葉は「自分よりも優れている人などを見て自分もそうなりたいと思うこと」を表します。

紹介した類語についても、「自分もそうなりたい」という思いが含まれますが、「単に自分よりも恵まれている境遇にある人」などに対してそう思うか、「憧れ」であれば「自分の理想としている人」などに対して心惹かれている状態かという分かりやすい違いがあるため、状況に応じて使い分けると良いでしょう。

1 2 3 4
Share: