言葉の意味

「羨望」の意味と使い方・例文・類義語・対義語は?現役のブロガーがサクッとわかりやすく解説!

「羨望」の類義語

image by iStockphoto

「羨望」の単語の意味を学んでいただいたところで、もう少し理解を深めていただくために、どのような類義語があるのか解説していきます。

「羨望」の類義語1:憧れ

「憧れ」:理想とする物事や人に強く惹かれる、自分もそうなりたい、そうしたいと思うこと。

「概して田舎育ちの若者は都会での生活に憧れを抱くものだ」


「憧れていた田舎生活をするために会社から退職した私は、その日のうちに都会から引っ越した」


「私が憧れている映画監督は彼です」

「羨望」の類義語2:艶羨

「艶羨」:うらやましく思うこと。

「私もいつの日か、他者から艶羨の目で見られるようになりたいと思っている」

「会社の同僚たちに、自分の年収を教えた途端、艶羨の的になった」

「彼女の成功を艶羨の気持ちで見ていた」

「艶羨」は「羨望」と同じような意味を持っているため、羨望の代わりに使うことが出来る言葉です。

しかし、あまり一般的ではないので基本的には「羨望」を使うと良いでしょう。

\次のページで「「羨望」の類義語3:羨慕」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: