言葉の意味

「礎」の意味と使い方・例文・「基」「基礎」との違い。現役記者がサクッと解説!

「礎」(読み方:「いしずえ」)という言葉は、「~の礎を築く」などの形でよく用いられています。

なお、この言葉は「基礎」という語の一字になっていますが、この2つの語にはどのような違いがあるのかが一見して分かりにくいところがあるかもしれません。

そこで、ここではこの言葉の意味と使い方と併せて、「基礎」という語との違い、また似た意味のある「基」について、科学・技術系記事の執筆を中心に活躍する筆者が解説していきます。

「礎」の意味と使い方・例文

image by iStockphoto

それでは、始めに「礎」の意味と使い方について説明していきます。

「礎」の意味は?

まず、「礎」には「建物の土台石」「物事の基礎となるもの」という意味があり、「礎石、根石、柱石」や「物事の基礎となる人やもの」を表す語となっています。

なお、「礎」は「石据え」という意がもとになっており、古くは「いしすえ」といわれていたようです。

「礎」の使い方は?

次に、この言葉の使い方を例文を使って見ていきましょう。

この言葉は、たとえば以下のように用いることができます。

「洋書の多読は読解力向上の礎となり、後の研究に生かされた」

「私の研究チームが開発したこの技術は事業発展の礎を築いた」

「弊社は会社の礎を築いた創業者の志を受け継ぎ、現在も変わらず顧客ファーストを掲げております」

「勤勉は成功の礎である。成功したいなら仕事や勉強に満遍なく励むと良い」

「教育は国の礎だ。しかし今日では学歴の高低に関係なく基礎学力の低い若者が増えているという」

「超自然的な力の介在を否定する機械論は自然科学の発展の礎となった」

「生命保険料は生命保険会社の運用資産として、金融市場に大きな影響力を持つ礎となった」

「彼は、撮影技術の礎を作った人物として、また日本近代映画の父として知られている」

「微分積分は、経済学での価値増減の予測や、保険数理での死力などの予測に使われており、科学の礎として広い分野で活躍する概念である」

「日中平和友好条約の締結は、その後の日中経済協力の礎を築くことになった」

このように、「礎」は「(何らかの結果や成果を出す上で)土台となったもの」を表す場面で多く用いられます。

「礎」の類義語は?

image by iStockphoto

それでは、次は「礎」の類義語・類語である「基(もと)」「基礎」について見ていきましょう。

まず、これらの語には以下の意味があります。

「基」:建物の土台。物事の基礎や根拠。原因。

「基礎」:物事を成り立たせる根本となるもの

次のページを読む
1 2 3
Share: